カネシゲタカシBLOG

漫画家・カネシゲ タカシのブログです。(旧ブログより2013年春に移転)

ブログでは特に重要なトピックのみをお知らせしております。
日々のお仕事情報、その他は
Facebookページありがとう カネシゲタカシですをご覧ください。

hyousi


『週刊アサヒ芸能』で連載中の「野球大喜利ベストナイン」。それを書籍化したシリーズ本の最新刊が7月21日(金)に発売となります。

タイトルは『野球大喜利 ザ・ダイヤモンド~こんなプロ野球はイヤだ5~』です!

過去にはツイッターでタイトル案を募ったこともありましたが、今回は独断で「ダイヤモンド」と決めました。立派な野球用語ですしね。

また前回の「野球大喜利 ザ・レジェンド」以降、サブタイトルの末尾に数字を入れて巻数としました。それはアサ芸杯の歴史の古さを物語る数字でもあります。

「ザ・ベスト」
「ザ・ベスト2」
「ザ・グレート」
「ザ・レジェンド」

そして、「ザ・ダイヤモンド」

この手の週刊誌の一企画は単行本としてまとめられることすら稀にもかかわらず、アサ芸の「野球大喜利」シリーズはすでに5巻目。すべては“大喜利ーガー”の皆さんのおかげと心より感謝しております。本当にあざーーーーーーす!!!

なお本書は『週刊アサヒ芸能』2016年7月21日号~2017年6月8日号までの回から抜粋し、加筆修正した41回分を収録。毎回のことですが欄外には「用語解説」も収録。笑いながらもためになる一冊を目指しました。

【収録お題一覧】

・こんな川﨑宗則はイヤだ
・「あのルーキー、すっごく甘やかされて育ったんだな…」さて、どんな新人選手?
・こんな新庄剛志はイヤだ
・こんなリリーフカーは乗りたくない
・『一休さん~プロ野球編』の名場面といえば?
―――ここ以降は古いものから時系列で掲載――
・荒れるオンドルセクをなだめるための行動が完全逆効果! 何をした?
・婚活パーティで熱狂的野球女子がドン引きされた その理由とは?
・首位独走中の広島カープで禁句とされている言葉があるそうです。それは?
・もしも大谷翔平がお笑い芸人だったら
・阪神・金本監督が鳥谷敬の連続フルイニング出場を止めた本当の理由とは?
・「甲子園の魔物」の正しい飼い方
・イチロー、こんな「メジャー3000本安打記念パーティ」はイヤだ
・こんな松井秀喜はイヤだ
・こんなスピードガンはイヤだ
・祝! リーグ優勝の広島。こんなビールかけはイヤだ
・監督休養中の谷繁元信さんの日課を教えてください
・慣れてない! CS初出場の横浜DeNAが盛大にやらかしたこと
・日本ハムの大逆転優勝で感涙にむせぶ栗山監督を一発で泣き止ませる方法
・野球バカの不動産屋がお勧めするアホ物件ってどんなの?
・こんなバット職人はイヤだ
・下位球団が行く「逆優勝旅行」はここが哀しい
・こんな黒田博樹はイヤだ
・読売巨人軍 第999代四番打者の特徴
・FA宣言の糸井嘉男が今いちばん悩んでいること
・ドナルド・トランプが監督を務めるプロ野球チームの特徴
・苦手な部長から飲みの誘い。野球ファン流にうまく断ってください
・野球人による2017年の書き初め。四文字熟語で何と書いた?
・落合博満GM、こんな退任式はイヤだ
・野球バカが経営するラーメン屋はここがバカ
・こんなホームランガールは嫌われる
・FA移籍の山口俊。キャンプ初日に感じた巨人とDeNAの決定的な違いとは?
・『この世界の片隅に』っぽい題名だがまったくヒットしなかった野球映画のタイトル
・大谷翔平欠場のWBC。注目度アップのため小久保監督が苦し紛れに考えたテコ入れ策とは?
・ラジオ体操プロ野球編「腕を前から上にあげて(   )」
・春の甲子園に出場した「ド貧乏高校野球部」がやらかしたこと
・こんなブルペンはイヤだ
・お花見を野球バカが企画するとこんなにバカ
・「あいつWBC燃え尽き症候群だな」と誰もが思った侍ジャパン選手の特徴
・阪神・藤浪晋太郎が主人公! 『サラリーマン晋太郎』ってどんな漫画?
・野球ファンが一発で起きられる目覚まし時計を考えてください
・早くも自力V消滅のロッテ。逆転優勝へのとっておきの秘策を考えてください

以上が本書掲載の「お題」です。

場合によっては「自分が掲載された回が収録されてない!」という方もおられると思いますので、購入前にご確認ください。掲載を見送ったお題のなかには「プロ野球に新ルールをひとつ作って独走するソフトバンクを止めてください」なんてのもありました。ほんの1年前の話題にもかかわらず、ずいぶん昔の話に聞こえますよね(笑。

なお7月21日が発売日ですが、例によって地域や書店によって2~3日入荷が遅れる場合もあります。それほど部数が多い本ではありませんので、確実に手に入れていただくには書店でのご予約や、アマゾン等ネット書店でのご購入をおすすめいたします。



トラックマンでも測定できない いびつな野球愛が、所狭しと飛び交う妄想野球ネタ書籍。大喜利ーガーとカネシゲタカシの血と汗と涙の結晶を、どうぞ笑って見てやってください!


(追伸)アサ芸杯前シーズンの総括、遅れに遅れて申し訳ありません!なんとか近日中には時間をみつけてまとめますので、いましばらくお待ちください!












昨日(6月12日)発売の横浜DeNAベイスターズ応援新聞「BAY☆スタ」第5号に、カネシゲタカシのコラム「だから僕らはBAYで泣く」(第2回)が掲載されています。

den17061115170002-p1


DCLKrk4UIAAtM1s

以下サンスポさんの告知記事より
 サンケイスポーツは、6月12日に横浜DeNAベイスターズを応援する特別版タブロイド新聞「BAY☆スタ(ベイスタ) BAYSTARS BALLPARK STYLE」第5号(今季2号)を発売します。

 

 巻頭では筒香選手と「タッキー&翼」今井翼さんのスペシャル対談が実現。表紙を含む全7ページで2人の熱いトークをお届けします。


 砂田投手、石川選手、岡村球団社長のインタビュー、漫画家・カネシゲタカシさんや担当記者のコラムなど今号も情報満載です。


 【体裁】上質紙を使ったタブロイド判、オールカラー24ページ

 【定価】400円(税込み)

 【販売場所】横浜市、横須賀市、川崎市、平塚市のコンビニ・駅売店、横浜スタジアム内オフィシャルショップ「BAYSTORE GAIYA&NAIYA」で12日夕方から発売。産経新聞販売店。サンスポe-shop(http://www.sanspo-eshop.com/


 【問い合わせ】サンケイスポーツ販売部(電)03・3275・8849(平日午前10時から午後5時)


まあっ! 「タカシ&翼」の新ユニットで頑張ってたのに筒香キャプテンが割り込んで三角関係だわムキーッ!!

‥‥という冗談はともかく、今回のコラムテーマは「山﨑康晃は“言葉の人”」という、カタそうでやわらかい内容になっています。イラストも一度あげたものを描き直すなど、僕なりの「ヤスアキ愛」を表現しました。

ハマスタや横浜近辺での限定発売ですが「BAY☆スタ」は通販でも買えます
みなさまどうぞよろしくお願いいたします!



5月29日(月)、東京カルチャーカルチャーで開催させていただいた『THE GAME #野球ニ戯レ制覇セヨ 』は、おかげさまで無事に終了いたしました。

大好きな野球界に対する自分なりの恩返しは、野球がもっている「たのしさ」と「華」を拡張することであると日々考えています。そんななか思いついた今回の企画。

構想から半年以上。僕の思いを形にしてくれる最高のパートナー・南隼人さんや、普段から「ファン交流戦」でお世話になっているテリー植田さんはじめカルカルの皆さんのお力を借りて、やっと実現することができました。

月曜日夜の開催という、イベント参加にはなかなかハードルの高い日程だったにもかかわらず、たくさんの方にご来場いただきました。そして皆さんからの「楽しかった」という声をたくさんいただき、ああ、やって良かったと心から思うことができました。

そんな当日の様子は「トゥギャッター」にまとめていただきました。ご来場の皆さんによるツイートの数々です。ぜひ御覧ください!(ただしクイズ中のスマホや携帯の操作を自粛いただいたため、ちょっと写真は少なめかも…

「THE GAME #野球ニ戯レ制覇セヨ」 #カルカル

終演後、南さんとの帰り道「そういえば写真一枚も撮ってないっスね」と笑いあいました。進行に力を入れるあまり、そこまでの余裕がお互いになかったのです。
031
032

南さん、テリー植田さんをはじめとするカルカルの皆さん、アシスタントとして大活躍してくださった元読売ジャイアンツ・ヴィーナスのともよさん、そしてご来場くださった全ての皆さん……。

本当にありがとうございました!!

リクエストの声も多かったので、機会があればぜひ第2回を開催させていただきます。
今回で学んだことをいろいろ反映させて、より楽しいイベントができればいいな。

そのときはまた、遊んでくださいね!


chirasi2

まだまだ推します! 5月29日(月)に東京カルチャーカルチャー(カルカル)にてカネシゲタカシとスポーツDJ・南隼人さんがタッグを組んで主催する「THE GAME #野球ニ戯レ制覇セヨ」、チケット発売中です!

以下、イベント紹介文より。
―――――――――

プロ野球交流戦前夜に、漫画家・カネシゲタカシとスポーツMC・南隼人が全プロ野球ファンに楽しんでいただけるレクリエーション型のゲームイベントをご用意しました。その名は「THE GAME #野球ニ戯レ制覇セヨ」(ザ・ゲーム/やきゅうに・たわむれ・せいはせよ)


「レクリエーション型ゲームイベント」といわれても、ピンと来ない方もおられるでしょう。しかし皆さんは、学生時代にクラス全員でゲーム大会やクイズ大会を開催し、おおいに盛り上がった記憶はありませんか? そう、「THE GAME」はあの楽しい時間の超進化バージョン。“大人の野球ファン”が本気で楽しみ交流するための、スペシャルなレクリエーション大会なんです!


テーブルごとにチーム分けされた来場者の皆さんには、野球をテーマにした数々の“GAME”にチーム対抗戦で挑んでいただきます。己の野球知識が試されるクイズや、運と笑いが支配するオリジナルゲーム、他にもチームワークが試されるクイズバトルなど盛りだくさん。楽しく呑んで語らいながら、ときに真剣に悩みながら、チーム全員で力をあわせて“THE GAME”を心ゆくまで遊び尽くしてください!


司会はもちろん侍ジャパン・オフィシャルレポーターとしても大活躍中のスポーツMC・南隼人。そしてゲームマスターはカルカル名物「野球ファン交流戦」でおなじみの漫画家・カネシゲタカシが務めます。野球界をにぎわす最強タッグが全力プロデュースする極上のレクリエーション型イベント、それが“THE GAME”です。


野球ファン初心者も、マニアなファンも、おひとりさまでも、お誘い合わせでも、大・大・大歓迎です! 交流戦前夜にわいわい語らいながら、参加者全員がゲームを通じてコミュニケーションを深め、新しい“やきゅ友”になれる、そんな濃密な時間をお楽しみください。


2017年プロ野球交流戦前夜祭。みんなで作るみんなのイベント「THE GAME #野球ニ戯レ制覇セヨ」で、おおいに盛り上がりましょう!!


・人数限定イベントです。チケットの販売枚数には限りがあります。

・お好きな球団のユニフォーム着用を推奨します

・本編終了後には会場で打ち上げを行います(有料)。みんなで飲んで語いましょう!


▶お得な前売りチケットはイープラスで発売中です!

(イベント紹介文からの引用はここまで)
――――――――――

先日このブログではこのイベントにかける僕の思いを書かせていただきました(こちら)。

その後ツイッターでもつぶやいたのですが、僕は冗談抜きで毎日このイベントのことを考えております。「こうすればもっと面白い」、「こうすればもっと親切だ」、「こうすればもっと皆が仲良くなれる」、などなど。

月曜日の夜にスケジュールをあわせてわざわざ遊びに来てくださる野球ファンの皆さんに、絶対に「来てよかった!」と喜んでいただきたいという思いが強くあります。

では「THE GAME」はどんなことをやるイベントなんでしょうか。ここで少しご紹介したいと思います!


まず当日はイベント開演直前に、ご来場の皆さんを壇上からの指示で「チーム分け」させていただきます。1チームの人数はご来場の人数にもよりますが6~8人でしょうか。なお遅れてご来場された方も速やかにゲームに合流できるようスタッフが誘導いたしますのでご安心ください。

そしていよいよイベント開始。ここからはチーム対抗戦でさまざまなGAMEに挑んでいただきます。


sen_007
・THE QUIZ #クイズニ戯レ制覇セヨ
直球の野球クイズもあれば、某選手の天然発言を扱った珍雑学クイズもあり。バラエティに富んだ内容でお届けするのがこのコーナー。回答形式も多彩で、3択クイズから、筆記回答クイズ、「○○をできるだけ多く答えよ」といった“東京フレンドパーク”のようなクイズもあります。チーム全員で力を合わせれば、きっと大丈夫!


sen_008
・THE PORTRAIT #似顔絵ニ戯レ制覇セヨ
お客様のなかで絵心のある方はおられますか?――
まず各チームから選抜された2名ずつにステージに上がっていただき、ある条件のもと「プロ野球選手の似顔絵」を描いていただきます。即興似顔絵バトル、その勝負の行方は他のチームメンバーが握ることに……!?


sen_009
・THE BINGO #BINGOニ戯レ制覇セヨ
チーム対抗によるビンゴゲームですが……当然、普通のビンゴゲームではありません。野球ファンによる、野球ファンのために開発されたビンゴゲームです。その内容は当日のお楽しみ!


sen_010
・THE GOOGLE #検索ニ戯レ制覇セヨ
全知全能の神・グーグルさんにあらゆることを尋ねてみましょう。必要なのは推理力と直感力、そして運。衝撃と笑いが場を支配する新感覚クイズをご堪能ください。



sen_005
そして「THE GAME」というからには、もちろん豪華賞品もご用意しています。

そのうちの一つは「カネシゲタカシが描く似顔絵アイコン権」のプレゼント。SNS等でお使いいただける、あなたのための似顔絵アイコンを僕が描かせていただきます。以前東急ハンズさんでのイベントで企画した際には開店と同時に整理券が全てなくなったレアなアイテムです。もちろん他にも様々な賞品をご用意して皆様をお待ちしています!

さあいかがでしょうか。

大人の野球ファンがゲームを通じて真剣に遊び、楽しみ、交流するレクリエーション型イベント「THE GAME #野球ニ戯レ制覇セヨ 」。お一人様も、野球ファン初心者の方も、遅刻してご来場予定の方も大・大・大歓迎です。

プロ野球交流戦前夜に、我々ファンも「THE GAME」で交流しましょう! 盛り上がりましょう!


▶イベント詳細はカルカルのイベント告知ページへどうぞ。遊びながら食べられるテーブルおつまみ付きです!

▶お得な前売りチケットはイープラスで発売中です!


018

よろしくお願いいたします!

019

昨夜の東京カルチャーカルチャー「野球ファン交流戦」にご来場のみなさま、ありがとうございました!

プロ野球死亡遊戯さんがゲストということで僕も楽しみにしていましたが、その期待に違わぬ楽しい一夜となりました。死亡さん(と呼ぶのが正しい作法だそうです)は僕やギース尾関くんと年齢も近く、楽屋でもいろんな話をしました。トークイベントとかできたら楽しいですね。その前に一度ゆっくり呑みたいですね。お越しいただきありがとうございました!

ちなみに今回は客席も豪華。死亡さんつながりで糸井重里さんが普通にご来場くださったり、死亡さんと文春野球コラムでペナントレースを戦っておられるカープ女子・大井智保子さんやライターの森田和樹さんが来てくださったり。そして途中から飛び入りで南隼人さんがインスタライブやりながら登場したり。


016
017

GW明けになにやってんだってぐらい賑やかな一夜となりました。ファン交流戦、次回は7月ごろになる予定です。

そして!

その前の5月29日(月)には、同じく渋谷の東京カルチャーカルチャーで、僕と南隼人さんが主催するイベント「THE GAME #野球ニ戯レ制覇セヨ (ザ・ゲーム やきゅうに・たわむれ・せいはせよ)」が開催されます!

chirasi_small

ファン交流戦でもがっつり告知させていただきましたが、今一度説明させてください。

たとえば皆さんはテレビでクイズ番組やバラエティ番組のゲームコーナーなんかを見ていて「参加したい!」と思ったことはありませんか? その夢を実現するのがこのイベント「THE GAME」です。

「ファン交流戦」の自由な雰囲気も最高ですが、「THE GAME」が目指すところは、ゲームと野球を通じてより深く、より濃密な交流を目指すということ。

参考までに「デイリーポータルZ」に掲載されていた【検証】ボードゲームは初対面の人で仲良くなれるの?という記事を挙げておきます。結論から言えば、なれるんです。それもめちゃくちゃなれるんです! 今回我々がご用意するのはボードゲームではありませんが、目指すところは同じです。

チームを組んで、みんなで真剣に考えて、遊んだり、笑いあったりするところから生まれる友情って、お互いをじっくり理解できる分、より深いと思うんです。

「野球」という共通の趣味があるだけでも盛り上がるのに、そこに「ゲーム」という楽しさ、そして「勝利」という目標を加えることで、さらに濃密な心の交流が楽しめるのです。

「広く浅く」でも「狭く深く」でもなく「広く深く」

このイベントが目指すところはそこです。こんな欲張りを可能にできるのが「ゲーム」という最強のコミュニケーションツールなんです。

その肝心な「ゲーム」は子供だましな内容ではありません。大人の野球ファンが真剣に遊ぶにふさわしい内容をゲームマスター・カネシゲタカシが全力でご用意します。

たとえばクイズゲーム。

純粋な野球知識が試されるチーム対抗クイズバトルがあるかと思えば、直感がものをいう爆笑必至のオリジナルクイズがあったりと決して一筋縄ではいきません。しかしその分、ライトなファンもマニアなファンも等しく楽しめる内容に。卑怯な言葉ですが、この面白さは体感していただくしかないと思ってます。

そして、そんなスペシャルなイベントに必要なのは、スペシャルなMCですよね?

 「THE GAME」の壮大なコンセプトを実現するにあたり、横浜スタジアム大観衆の心をひとつにしてきたスポーツMCのプロフェッショナル・
南隼人さんとタッグを組みました。確かな技術、そして持ち前のエンタメ精神と誰よりも熱いそのハートで、必ずや「THE GAME」をMAXに盛りあげてくださることでしょう。

018


また今回のイベント終了後には「打ち上げ」という名の“感想戦”があります。ほら、ときに野球観戦よりも野球観戦終わりの居酒屋トークの方が面白かったりしますよね? その日の「プレー」を肴にわいわい盛り上がる、より交流を深めることができる、今回はそんな楽しい時間もご用意しました(こちらは自由参加・有料になります)。

僕はこの「THE GAME」を、毎日「こうしたい」「こんなふうにしたい」「こうすればもっと楽しいんじゃないか」「こうすればもっと快適じゃないか」と真剣に考えてます。遊びこそ真剣にやらなければ面白くないってことを知っているからです。

ほら、もう来たくなったでしょ?
ぜひぜひ、遊びにきてください!

▶イベント詳細はカルカルのイベント告知ページへどうぞ。遊びながら食べられるテーブルおつまみ付きです!

▶お得な前売りチケットはイープラスで発売中です!


お一人様大歓迎! ファン交流戦もお一人様で参加され、ここで友達を作って帰られる方がほとんどです。女性の方も多いですよ。どうぞ安心してご参加ください。

そして月曜日なので遅刻してご来場の方もおられるでしょう。途中参加OKです!

たくさんの野球ファンのご来場、心よりお待ちしております!!




↑このページのトップヘ