カネシゲタカシBLOG

漫画家・カネシゲ タカシのブログです。(旧ブログより2013年春に移転)

ブログでは特に重要なトピックのみをお知らせしております。
日々のお仕事情報、その他は
Facebookページありがとう カネシゲタカシですをご覧ください。



油断大敵という言葉があります。

さて、ichiken選手のブログ「鯛が酢・おミルク」の記事を見ていて思いましたよ。
なんでも桧山選手がラジオ番組に出演なさってたそうで…。
ちょっと引用させていただきますね。

DJ
 今年を振り返ってどうでしたか?
ひー
 今年は去年優勝して油断したわけじゃないけど、なかなか投打がかみ合わなかったですね。
 投打の信頼関係が薄れてしまいました。打者がなかなか得点してあげられないので、投手が1点を守りに行って、逆に大量点を取られてしまう悪循環だった

えっとですね…

「油断してたわけじゃないけど」っていう言葉が出るときは人間油断してるんです!

日常生活でもありません?

■「サボってるわけじゃないんですが…」って発言する人はたいがいサボってます。

■「寝過ごして遅刻したっていうよりも…」などと発言する人はたいがい思いっきり寝過ごしています。
問い詰めると「目覚ましが鳴らなかったから」などという「結局寝過ごしたんやないか!」的苦しい言い訳に終始する場合があります。

■「○○君の事、嫌いってわけじゃないけど…」って発言される場合は好かれてもいないです。
これはちょっと別の話か…。




さてイチケン選手のブログでは今「野球好きブロガー生息図」の作成という大変アツイ試みをなされています。
もちろん僕も登録しましたよ。
日本地図でいえば太平洋の海上にぽっかりと浮かんでいます。
どうりで僕の家は寒いわけだ…。

まだ未登録の方は、ぜひどうぞ!
思わぬ発見があったり、思わぬ交流が芽生えるかもしれませんよ。

ところでイチケン選手のブログタイトルはもともと「タイガースを観る」だったはず。
テド選手の誘惑にそそのかされて改名されたようで。
「鯛が酢・おミルク」という表示を見るにつけ、「文字化け?」という感想を抱くのは僕だけでしょうか?




心理テストです。
あなたにはこのイラストが何にみえますか?





1.黄色いツボに見えた方。

あなたは正常です。
楽しい人生を、なに不自由なく送れる事でしょう。


2.向かい合う二人の赤星選手に見えた方。

あなたはトラキチの疑いがあります。

タイガースの勝ち負けに人生の幸せを左右される恐れがあるため、
早急に医師に診察をあおぎ、治療することをお勧めいたします。
 


以上の内容は僕が運営する親ブログ「マンガウルフの野球と漫画☆夢日記」における こちらの記事からの転載です。そちらのコメント欄を見ていただければわかるのですが、皆さんいろんなものに見えたようです。なかには他球団のファンなのに「向かい合う赤星選手」に見えたという方も…。

さて、世にも珍しい阪神タイガース公認プロバイダー「タイガースネットコム」様からオファーをいただいて運営を開始した「虎式マンガウルフ」ですが…。

「てぃぶろぐ」のトップページから「おすすめのブログ」としてリンクをはっていただきましたよ。

同時期にオファーを受けた「自称阪神タイガース評論家」のtorao兄さんのブログと仲良くご一緒に。
いやあ、うれしいなぁ。

torao兄さんの所はともかく、ええんかな?
こんな「ぎょう虫検査」がどーのこーの言ってる失礼な記事をアップしているブログをオススメしちゃって…。 

しかしなんといっても阪神タイガースの赤星選手のブログ「REDSTAR53」と、始まったばかりの藤本選手のブログ「Monkey9」と並んで紹介されているのはなんとも嬉しい。

さて、実はこの週末(ていっても、もう週末か)に 「マジメにぼやいてみよう」の小谷隆元帥が主宰する「B.B.B.(ベースボールブロガーズ)」の作品として僕が自作した「赤星選手応援歌」を公開していただく予定です。
小谷さんにもお褒めいただいた、ストレートでシンプルなロック作品です。
たぶん赤星選手のファンならずとも、プロ野球が好きな方なら喜んでいただけると思いますよ。
阪神ファンの方なら「ニヤリ」としていただけるようなソロギターのリフが曲を盛り上げます。

ブログではふざけたことも多い僕ですが、これはマジメに赤星選手をイメージした応援歌ですのでご期待ください。

その際には赤星選手のブログにトラックバックでもしてみようかな。
そういえば僕、選手にファンレターとかって書いた経験が一度もないので。

ともかく、これは予告記事です。お楽しみに!

「ハウルの動く城」と…







「ファウルでねばる矢野」

            ちょっと似ている。





あの、単に声に出して発音すると「ファウルでねばる矢野」と「ハウルの動く城」(ジブリ映画の新作ですね)はちょっと似て聞こえるなぁというだけの話ですから。本当にちょっとしか似てないんですがね。

「川口ジャスコ」と「沢口靖子」

みたいなもんです。ハイ。
これだけ説明しておけばきっと安心ですね。ハイ。

悩ませてしまった方、ゴメンナサイモント・ガーファンクル。

えっとですね。
15歳でドラフト指名ということで話題の15歳・辻本くんですが「この人、なにかに似てるなぁ…」という疑問をずっと個人的に抱いていたのですよ。

で、やっとわかりました。
↓コレです。↓












ぎょう虫検査の袋に描かれていた、アレ。

もしかしたら関西地方限定なのかもしれませんが、セロファンの入った白い袋に描かれていたイラストの天使によー似とる。

よくぞネット上に画像が存在したものです。
リンク元はこちらです。

ちなみにハムぞー所長は現日ハムの坪井選手に似ているとおっしゃっております。

デイリーのこの記事にある、「10人兄弟で貧しい我が家から、お兄ちゃんがプロ野球に…!」といった風情の辻本写真から皆様も考えてみてください。

ただ、似てる度が高いのはサンスポのこちらの写真(下のほうです)かな?

さて、彼のユニークな経歴に関する補足情報を習慣ベースボールさんで拾いました。

「ウィキペディア 辻本賢人」

なんか、すごいな。
本人もタイガースファンでヤル気まんまんみたいですから、こうなったら懸命にスター候補選手として応援していきたいと思います。

その第一歩がこんな記事でごめんなさい。



虎の新星・15歳指名で話題の辻本賢人投手に関して詳しい記事を発見したのでとりあえずアップしておきますね。

阪神15歳指名…米国野球留学中、辻本賢人投手

ドラフト全体に関する記事は「マンガウルフの野球と漫画☆夢日記」の方にアップしました。

「ドラフト速報解説付き!ダルビッシュは「日ハム」・阪神は15歳辻本を指名。楽天の指名はダメっぽい。」

そこで述べた辻本投手に関する現実的な僕の意見はひとまず置いておいて(撤回したわけじゃないですよ)、仮に入団が決まったあかつきには思いっきり応援し、皆さんとともに「夢」を語りたいと思います。
なお、立花龍司氏が伊良部投手を例に挙げて辻本君の素材の良さを認めているというのが心強く思います。

そういえば昔「リトル巨人くん」という漫画がありました。
小学生が巨人のエースとして大活躍するという恐ろしいストーリーでしたが、なんとなくそれに近い夢はありますな。

映画「岸和田少年愚連隊」でココリコさんらと共演したとも情報にありますが、そういえばこの岸和田少年愚連隊シリーズには「りあるキッズ」も出とったなぁ…。
同じシリーズの映画に出演し、若くして一流のプロ世界に身を投じたという意味では共通点はありますね。

ちょっと後輩を褒めておきました。(吉本時代の後輩というだけでなく、安田は大学の後輩・ゆうきは小学校の後輩にあたるんですよ。)
今度、なにかおごってください。

↑このページのトップヘ