カネシゲタカシBLOG

漫画家・カネシゲ タカシのブログです。(旧ブログより2013年春に移転)

ブログでは特に重要なトピックのみをお知らせしております。
日々のお仕事情報、その他は
Facebookページありがとう カネシゲタカシですをご覧ください。

2009年11月

たんたん先生は、いろいろ画材を持っておられます。
その中のひとつに「水彩色鉛筆」ってのがあります。
皆さん知ってます?

普通に色鉛筆で絵を描いたあと、水をつけた筆でなぞってやると水彩画のようになるという。
その手軽さから今ではすっかりポピュラーな画材になっているようですが、僕ははじめて。

さっそく描いてみました。

滝沢

とってもかわいいので、名前もつけてみました。
滝沢さんです。
ポケットに入れてたらクッシャクシャになってしまいましたが。

どこかの企業さま、御社のイメージキャラクターにいかがでしょうか?
ご連絡お待ちしております!




カネシゲタカシの公式サイトはこちら。お仕事のご依頼もお待ちしております。
カネシゲバナー

カネシゲタカシの著書はアマゾンでもお買い求めいただけます。




先日、変な夢を見ました。

なぜか元ロッテの薮田さんに電話をかけて「いい人間ドッグ紹介してもらえませんか?」って一生懸命聞いてるんです、僕が。
でも、すっごい恐縮しながらかけてるんですよ。

「以前、週刊イガワくんって漫画で、あの…なんか失礼なカンジに描いてしまったんですけど…」
『あぁ… 知ってますよ

夢のなかで血の気が引いたのは覚えてるんですが、その後は覚えていません。
ていうか、なぜ薮田さん?なぜ人間ドッグ?

【参考までに失礼なカンジに描いた例】
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/mlb/column/comic/index56.html
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/mlb/column/comic/index68.html


あとこれは現実の話なんですが、この前「萌えプロ」用にダルビッシュさんの似顔絵を描こうと思って「ダルビッシュ」のワードで検索したんですね。グーグル先生で。

そしたら「他のキーワード」ってところに…

だる

だry2


あかーーーーん!!


プロ野球選手の皆さんって、やっぱ自分の名前で検索したりするんでしょうかね?
だとしたら…はぁ〜(ため息)

あ、「がんばれダルビッシュくん」に関しましては皆さん自己責任でお調べください。知ってるひとは知っている、僕の過去作品です。




カネシゲタカシの公式サイトはこちら。お仕事のご依頼もお待ちしております。
カネシゲバナー

カネシゲタカシの著書はアマゾンでもお買い求めいただけます。


このブログの読者の方で、来ていただいた方はおられるでしょうか?
昨日新宿ネイキッドロフトにて行われたトークイベントにお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

日曜日のまっ昼間からお酒を飲みながらグダグダとしゃべるってのは、なかなか楽しいですね。
また機会があればお邪魔させていただきます。

大坪さんにお会いできたのも、うれしかったなぁ。
あと、打ち上げでも鶴岡さんは突っ走ってました。
突っ込めばどこまでもしゃべってくださる。

またご一緒させてください。
よろしくお願いします。


ジャグラー

長らく「パチスロ7」で連載させていただいた「有限会社ジャグラー」は、今月末発売の号をもって最終回を迎えることになりました。

「パチスロ7」が姉妹誌である「パチスロ7Jr.」と統合されることとなり、それにともなう連載終了です。

自分でも大変思い入れの強い作品でして、よくもまあ毎回こんな馬鹿馬鹿しい内容のギャグ漫画を描いていたもんだと、過去のものを読み返してあらためて感動いたしました。

応援してくださった皆様、いままでありがとうございました。
でもサヨナラは言いません。
ピエロ社長や佐々木はん、田中はん、石川はん、平林くんはジャグラーの住人です。
ホールへ行けば…いつだって会えるのだから!




カネシゲタカシの公式サイトはこちら。お仕事のご依頼もお待ちしております。
カネシゲバナー

カネシゲタカシの著書はアマゾンでもお買い求めいただけます。




昨日と今日は、月曜日にアップされる予定の「萌えろ!プロ野球」の原稿を描いていました。
本当は土曜日のうちに全部描きたかったのですが、日本シリーズの結果を知ってから描きたかったので。

しかし最近はめっきり減りましたね。
「ネタ球団」が。

最近はどの球団も真面目なカンジで、特にパ・リーグは群雄割拠の戦力拮抗状態。
万年Bクラスがウリになる球団もなく(なってどうする)、弱さをネタにしようにも、「弱い」と言い切れるチームがない。

セ・リーグに目を向けても、読売は以前ほどの無策な強欲さはなく、したたかに地力をつけた結果の日本一。
阪神も昔ながらのドタバタ感は内包するもののの、ネタ球団としていじるには「強すぎる」。
ヤクルトはCSにからみ、新球場を得た広島も今年は健闘…。

結果的にベイスターズにすべての負荷がかかるわけですが…

阪神が弱かった頃の漫画家さんは、さぞラクだっただろうなぁ。




カネシゲタカシの公式サイトはこちら。お仕事のご依頼もお待ちしております。
カネシゲバナー

カネシゲタカシの著書はアマゾンでもお買い求めいただけます。


↑このページのトップヘ