カネシゲタカシBLOG

漫画家・カネシゲ タカシのブログです。(旧ブログより2013年春に移転)

ブログでは特に重要なトピックのみをお知らせしております。
日々のお仕事情報、その他は
Facebookページありがとう カネシゲタカシですをご覧ください。

2010年02月

twitter」を始めてから2週間ほど経ちました。
まだわからないことも少なくないですが、誰もが自分なりのスタンスで適当に付き合っていけば良いツールなんだということは理解できました。
ブログと違い、編集画面を開くことなく気軽に更新できる点はとても良いですね。

どんなことをつぶやいていたか、自分で自分にコメントしつつ。
(つぶやきには一部修正を加えています)



しかし、なぜオリックスという球団ばかりが重い十字架を背負わされることになるのか。今日、野球雑誌編集者の方と打ち合わせ中に三輪田スカウトの話題が出たばかりだったのに…。
11:57 PM Feb 5th via web

先日のちょっと不思議な体験、小林繁氏が亡くなられたときを思い出しました。


飛行機にて、「お客様の中に漫画家の方はおられませんか」「私ですが…」とカッコよく手を上げる自分をたまに想像します。飛行機、乗ったことはあるけど、いまだに乗り方がわかりません。
11:29 PM Feb 9th via web

こういうことって、皆さん考えません?

「機内にどうしても面白い漫画を読みたいというお客様が」
「わかりました。私で良ければ描きましょう」

…みたいな。
実際そんな場に遭遇したら、手に持ってるヤンジャンとか渡してそうだけど。
ちなみに飛行機に乗ると、「あー、乗っちゃった」っていつも後悔します。空の旅は苦手です。


続きを読む

もちろんイラストでね。


メンズノンノ

今週発売の「MEN'S NON-NO」3月号の特集「今からでも遅くない!不況に強い資格図鑑!」にイラストを描かせていただきました。

http://www.mensnonno.jp/


慣れないオシャレ雑誌なゆえ、「メンズノンノ」と入力しようとして「まんずのんのん」と打ち間違えました。
危うく東北訛りの雑誌になるところでした。

良かったらみてくださいね。




カネシゲタカシの公式サイトはこちら。お仕事のご依頼もお待ちしております。
カネシゲバナー

カネシゲタカシの著書はアマゾンでもお買い求めいただけます。


https://twitter.com/kaneshige_t

とりあえず、見よう見まねで始めてみました。

しかしこのブログのサイドバーに「TwitterWind」なるブログパーツを貼りつけてみたんですが、なぜか自分のアイコンが表示されないという不具合が。
IEでも、Firefoxでもダメみたいです。

試しに「TwitterWind」に他の人のIDを入れてHTMLを更新すると、うまくいきます。ちゃんと表示される。
なぜだろう?

みなさんのパソコンで、このブログの「TwitterWind」のアイコンの絵は、ちゃんと表示されてますか?

【追 記】
と思ったら、なぜかこの記事を更新したとたんに表示されるようになりました。
ブログからTwitterにpingを飛ばしているので、それを拾ったTwitterがブログ更新をお知らせする「つぶやき」を自動更新。
そのタイミングでアイコンが表示されるように…
うーん、わからん。

最近、たんたん先生と「落書きパーティー」をして遊びます。
落書きパーティーとは、ひたすら紙にペンで落書きをするパーティーです。
参加費無料。

たとえばこんな絵です。


夜店のくじ引きを引く人描いてみました。
ひもの先に、ホコリだらけのガンダムのプラモがついてくることを祈って、彼は引いています。

なんでこんなの描いたのか自分でも思い出せないくらいの落書きですが、なぜこれが「落書き」であるのか?
なぜ「落書き」という地位に甘んじているのか?

それは「タイトル」をつけていないからです。
「タイトル」をつけると絵はその価値をグッと上げ、「落書き」から「作品」という地位に格上げされます。

そんなこんなで落書きにいろいろなタイトルをつけていたわけですが、僕はある法則に気づきました。

それは…

「タイトルに『最期の』という言葉をつけると凄く深い作品に見える」という法則です。



例えば先ほどの落書き




どこからどうみても落書きですが…




サインなんて書いちゃったりして。
もうこれは「作品」でしょう。

他にも見てみましょう。









なぜ値段がつかないのかわからいぐらい、深い作品の数々です。
是非みなさんも、ご自分の落書きに「最期の○○」とタイトルをつけてください。



こういう絵が…




こうなって…



こうなって…




ほらー!(何が?)




カネシゲタカシの公式サイトはこちら。お仕事のご依頼もお待ちしております。
カネシゲバナー

カネシゲタカシの著書はアマゾンでもお買い求めいただけます。





↑このページのトップヘ