カネシゲタカシBLOG

漫画家・カネシゲ タカシのブログです。(旧ブログより2013年春に移転)

ブログでは特に重要なトピックのみをお知らせしております。
日々のお仕事情報、その他は
Facebookページありがとう カネシゲタカシですをご覧ください。

2014年09月

9月26日に発売となりました『プロ野球どうでもいい知識検定』(監修・絵 カネシゲタカシ/扶桑社)の内容に誤りが見つかりました。以下のように訂正させていただきます。

【9ページ】
誤)亀井義行
正)亀井善行
※2013年に登録名を変更している

【12ページ】

誤)マウンド上の星野仙一
正)ホームベース付近の星野仙一

【24ページ】

誤)1946年に坪内道典、1945年に野口二郎
正)1947年に坪内道典、1946年に野口二郎

【59ページ】
誤)同じ球団で活躍するのは実に4組
正)同じ球団で活躍するのは実に5組

【82ページ】
誤)年棒
正)年俸

【110ページ】

誤)「6-4-3」の併殺打
正)「5-4-3」の併殺打

【111ページ】Q31
誤)2012年5月22日
正)2010年5月24日

【112ページ】Q32
誤)1988年
正)1998年

【112ページ】Q34
誤)2回
正)3回
※アベックホームランは2013年5月5日にも記録されている

【112ページ】Q35
誤)2014年8月2日
正)2014年8月1日

【118ページ】
誤)ナゴヤドームの対中日戦
正)ナゴヤ球場の対中日戦

【120ページ】Q48
誤)1996年
正)1991年

【176ページ】

誤)岩手県久慈市出身
正)岩手県普代村出身
※銀次選手の出身地。久慈市に居住歴はあるものの、生まれは普代村が正解です。

【178ページ】
誤)7→8→16→31→30→7
正)7→8→16→→31→30→7


以上になります(2014年10月4日現在)。

読者の皆様にご指摘いただき判明したものばかりで、こちらも大変お恥ずかしい限りです。
監修者としてお詫びの上訂正させていただきます。誠に申し訳ありませんでした。

カネシゲ タカシ


※扶桑社のホームページ上にも正誤表とお詫びを掲載させていただきました(こちら)。


カネシゲタカシが監修・漫画でたずさわった新刊が、9月26日(金)に発売となります(アマゾン等では翌27日発売)。


『プロ野球どうでもいい知識検定』
(カネシゲタカシ監修・画/扶桑社/税込1,080円)


表紙完成版



内容紹介

アナタの“プロ野球愛"が試される!
珍プレーや珍記録、選手や解説者の迷コメントをはじめ、“どうでもいいけどなんだか笑える"プロ野球関連のマニアックな知識を、
検定形式で171問、収録しました。

<設問例>
●2013年WBCのあと、森脇監督に「時差ボケは大丈夫か?」と心配された
糸井嘉男が放った驚愕の答えとは?
●連続無三振記録が途絶えたイチロー。
その試合後に語った“らしさ爆発"の珍コメントとは?
●清原和博が巨人から禁止令を出された、
おちゃめかつ大迷惑な行動とは?
●ファン騒然! ダルビッシュ有がツイッターで披露した
“驚愕のスポーツ理論"とは?


中身見本



プロ野球の黎明期に起きた“もはや伝説的なトリビア"から、最新2014年シーズンに起きた珍事件まで、時代やリーグ、チームを問わず幅広く網羅。

また今回は巻末企画として新聞番組欄の「タテヨミ」で話題沸騰中のHBCテレビ(北海道放送)スポーツ部にインタビュー。過去の「傑作タテヨミ番組欄」をご紹介するとともに、その誕生秘話や気になるタテヨミの作り方、そして制作の苦労話に迫ります。

tateyomi






監修および漫画は『みんなの あるあるプロ野球』シリーズなどでおなじみのカネシゲタカシ氏が担当。プロ野球への愛にあふれたこの一冊、
野球ファンなら楽しめること間違いなしです!

※ ※ ※

上記はアマゾンの紹介欄に一部追記して引用させていただきました。

黒いカバーと、オリックスの糸井嘉男選手のイラストが目印です。
(糸井選手の似顔絵を表紙にした『みんなの あるあるプロ野球DX』が、発売直前のトレードのため表紙差し替えとなったのは去年春のこと。ようやく糸井さんを表紙にした一冊を世に出すことができました笑)

残り少なくなったプロ野球のレギュラーシーズンですが、ぜひこの一冊で“どうでもいい知識”を蓄えつつ、CSに、日本シリーズにと、まだまだ盛り上がっていきましょう。

みなさま、何卒よろしくお願いいたします!


【追記】
読者の皆様からのご指摘により、本書の一部内容に年号等の誤りがあることが判明しました。
お詫びのうえ訂正いたします。(詳しくはこちらをご覧ください)



プロ野球どうでもいい知識検定
カネシゲタカシ (監修・画)
扶桑社
2014-09-27









↑このページのトップヘ