カネシゲタカシBLOG

漫画家・カネシゲ タカシのブログです。(旧ブログより2013年春に移転)

ブログでは特に重要なトピックのみをお知らせしております。
日々のお仕事情報、その他は
Facebookページありがとう カネシゲタカシですをご覧ください。

2016年08月

8月12日に発売となります新刊書籍『野球大喜利 ザ・レジェンド~こんなプロ野球はイヤだ4~』(カネシゲタカシ・野球大喜利著/徳間書店)に関しては、さまざまな発売記念イベントを予定しております。

随時お伝えしてきたさまざまな情報をこの記事にまとめてみました。
全イベント共通のご来場特典の情報もあります!

―――――

8月12日(金)
新刊『野球大喜利 ザ・グレート』発売

書籍に関する詳しい情報はこちら
アマゾンでのご購入は下の画像をクリックしてください。

表紙カバー_帯有り

地域やお店により発売日が異なります。ご注意ください。

―――――

8月21日(日) 昼の部
ヴィレッジヴァンガード名古屋中央店」サイン会&ミニトーク14055081_329512354058899_6798906143587383510_n
・ミニトークの時間は11時半ごろから30分程度を予定しています。トーク終了後、サイン会を行います。
・カネシゲはサイン会終了後もお店に滞在いたします(すくなくとも14時ごろまで)。当日の動きは「ツイッター野球大喜利 @89_ogiri 」で詳しくお伝えいたします。





8月21日(日) 夜の部
トーク&交流イベント『野球大喜利 ザ・グレート祭り』in名古屋

nagoya
開場18:30/開演19:00
料金1500円(+1ドリンク)
場所:Music Bar Perch(パーチ)
〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田3-15-19 メゾン千代田B1F
ti
鶴舞駅より徒歩3分

チケットはウェブサービス「TIGET」にて7日12時より予約開始です。
こちらからどうぞ⇒ https://tiget.net/events/5830

―――――

8月22日(月)
トークイベント『野球大喜利 ザ・レジェンド』祭りin大阪
開場18:30/開演19:30
料金1700円(+1ドリンク)
場所:ロフトプラスワンウエスト
〒542-0084 大阪府大阪市中央区宗右衛門町2-3 美松ビル3F

イベントの詳細はこちらから

―――――

8月27日(土)
トークイベント『野球大喜利 ザ・レジェンド』祭りin東京
開場12:00/開演13:00
料金1500円(+1ドリンク)
場所:ロフト9渋谷
〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS(キノハウス) 1F

イベントの詳細はこちらから

chirasi

東京イベントではユーストリームによるイベント生配信を予定しております。配信URLは当ブログや「ツイッター野球大喜利(@89_ogiri)」などでお知らせいたします。

―――――

【ご来場特典】


なお上記の各イベントにご来場くださった方には、特典として「ベイスたんオリジナルステッカー」をプレゼントいたします。
15484577_001

・トークイベントは、ご来場の方全員に差し上げます

・「ヴィレッジヴァンガード名古屋中央店」のサイン会では、その場で書籍をご購入いただいた方にのみ差し上げます。ご了承ください。

・ステッカーは丸型。直径7センチと大きめです

―――――

さらなる詳しい情報は、当ブログやツイッター野球大喜利(@89_ogiri)にて随時お知らせいたします。

表紙カバー_帯有り


『週刊アサヒ芸能』連載中の「野球大喜利ベストナイン」の単行本がいよいよ発売となります!

『野球大喜利 ザ・ベスト』、『野球大喜利 ザ・ベスト2』、『野球大喜利 ザ・グレート』につづくシリーズ第4弾。今作より、サブタイトルの一番後ろに連番を打つことにしました。

タイトル:『野球大喜利 ザ・レジェンド~こんなプロ野球はイヤだ4~』(徳間書店)
著者:カネシゲタカシ・野球大喜利
発売日:2016年8月12日
定価:税込1,296円

Amazonでも予約受付中です

発売日はお盆期間にあたるため、書店に並ぶ日が店舗や地域によって普段以上に異なる見込みです。ご注意ください。


なお今回の『レジェンド』も、前回の『野球大喜利 ザ・グレート』と同じく全256ページの増量パッケージでお送りいたします。以下に本書収録の全41題をご紹介いたします(掲載順)。

1、こんな張本勲はイヤだ
2、舛添要一が監督を務めるプロ野球チームにありがちなこと
3、「ドキッ! プロ野球選手だらけの水泳大会」でありがちなこと
4、巨人・原監督のグータッチ。あれって拒否するとどうなるの?
5、高校球児たちはなぜ甲子園の土を持ち帰るのですか?
6、こんな楽天・三木谷浩史オーナーはイヤだ
7、こんな球団マスコットは嫌われる
8、京セラドームの屋根の周りのうねうね あれは何ですか?
9、石井一久の辞書で「古田敦也」と引くと何て書いてありますか?
10、西口文也が引退会見。「やり残したことは?」の質問に返ってきた意外な回答
11、福山雅治と吹石一恵が結婚! 義父の影響でパ・リーグ党になった福山は…
12、「トリプルスリーにはコツがあるんス」柳田悠岐と山田哲人が同時に語った達成の秘訣とは?
13、阪神・和田監督がラスト激怒! 選手からの寄せ書きにあった失礼すぎるひと言とは?
14、「12球団OKです」と言いつつ巨人行きたい感丸出しなドラフト候補選手の特徴
15、こんな12球団合同トライアウトはイヤだ
16、ソフトバンク関係者の間で「熱男すぎる熱男」と恐れられる人物の特徴
17、野球界の人物に「とにかく明るい安村」っぽいアダ名をつけてください
18、こんな契約更新はイヤだ
19、「小久保監督」と「大久保監督」の違いを教えてください
20、FA宣言したけどオファーがない! こんな時どうすればいい?
21、野球バカの小学生による間違ったお正月の過ごし方
22、いろんな野球の言葉に「全員ゴリラ」をつけて台なしにしてください
23、巨人・高橋由伸新監督にアダ名をつけてください
24、こんな魔球はイヤだ
25、熱烈なオリックスファンの犬の特徴
26、もしも豪雪の甲子園で開催される「冬の全国高校野球選手権大会」があったら
27、DeNAがハマスタをTOBで買収! ところで「TOB」って何の略?
28、こんな阪神・金本知憲新監督はイヤだ
29、野球バカすぎたおじいちゃんの遺言によるお葬式 そのあきれた内容とは?
30、長嶋一茂さんが「R‐1ぐらんぷり」決勝戦まで進んだ時のネタってどんなの?
31、祝! 田中将大に長男誕生 「僕の要素が結構入ってる」ってどんな赤ちゃん?
32、「私立野球バカ中学校」の卒業式はここがバカ
33、12球団の監督が開幕前に一句。「鳴かぬなら‥‥」
34、「食いしん坊高校野球部」が春のセンバツでやらかしたこと
35、こんなバッティングセンターはイヤだ
36、今年から本塁クロスプレーに関して追加された話題の新ルールとは?
37、元プロ野球選手の刑事はここが面倒くさい
38、マリーンズの応援に本気を出したロッテのお菓子はここがすごい
39、もしも明石家さんまがプロ野球選手だったら
40、新井貴浩、こんな2000本安打達成セレモニーはイヤだ
41、アンチ中日な中日スポーツ記者の特徴

※「週刊アサヒ芸能」2015年8月6日号~2016年6月30日号掲載分


以上になります。
冒頭の2題以外は、すべて時系列順に掲載されています。また全体のバランスをみた結果……

・「野球ファン専用のジュース自販機。『あったか~い』 『つめた~い』 あと1つは? 」
・「こんな谷佳知の引退試合はイヤだ」

上記2題は泣く泣く掲載見送りとなりました。ご了承ください。

※ ※ ※ ※ ※


本書は連載をまとめたものなので、全編描き下ろしとなる『あるあるプロ野球』シリーズに比べれば書籍化への労力は少ないのですが、それでも細かく絵や文言を修正したり、欄外の注釈を書いたりと、やることは盛りだくさん。今回も時間ギリギリまで使って制作しました。

ツイッター野球大喜利に集う大喜利ーガーの皆さんのおかげで世に出せる一冊。
本当に、本当に、ありがとうございます!!


このご恩に報いるためには、いただいた爆笑ネタの数々を僕の漫画やツッコミでより面白く輝くように全力で頑張ることが一番であると思っています。そして今回の単行本もレジェンド級の面白さに仕上がったと“監督”として自負しております。

~野球大喜利はグループじゃない。ひとつのチームだ!~

日本ハムグループのCMのような気持ちで、これからも皆様とともに歩んでいきたいと思います。
この7月で6周年を迎えたツイッター野球大喜利を、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

※ ※ ※

また、『野球大喜利 ザ・レジェンド』は名古屋と大阪と東京で出版記念トークイベントを開催させていただきます!

chirasi

イベントの詳細はこちらをごらんください
急遽決定した21日の名古屋イベントの情報もくわしくあります。

いずれのイベントもチケット発売中です。


「こういうイベントには行ったこと無い」
「野球ネタは好きだけど、野球大喜利には参加したことない」
「女性1人だし、行きづらい」

そういった方々も大歓迎です!
とくに気後れしがちな女性の方。野球大喜利関連のイベントは女性の参加者が多いことに定評がありますので、どうぞご安心を(実際に女性のほうが多かったこともありました)。

ぜひお気に入りのユニフォームを持って、野球と笑いを愛する人々で埋め尽くされた心地良い空間へお越しください。よろしくお願いします!

↑このページのトップヘ