ついに僕が作詞作曲を手がけた「野球音楽」がネット上で無料公開となりました!

今季のプロ野球界の騒乱において、ことごとく全ての結末を予想的中させた男(ていうか、ウラを知りすぎた男として要注意人物)である「マジメにぼやいてみよう」小谷隆氏が主宰する「B.B.B.(ベースボールブロガーズ)」の珠玉の作品群のひとつとして僕の曲がやっとスタメン入り。

今回公開と相成ったのは2曲。

「走れ赤星」ならびに「視界良好ゼロ〜プロ野球をぶっつぶせ」




試聴およびダウンロードは以下のリンクページより可能です。

「走れ赤星」 

「視界良好ゼロ〜プロ野球をぶっつぶせ」


赤星選手のブログにトラックバックを送付いたしました。
よって、以下に「私信」といいますか、ファンレター的内容を記しておきますね。

はじめまして、漫画家・マンガウルフと申します。
この曲は赤星選手のプレーする姿と社会貢献度の高さを「あのコにまた会うために」などといった歌詞に投影し、一気につくり上げた自作応援歌です。

僕はいつもたくさんのブログ運営者の方・プロ野球ファンの方とともに、ネット上でもプライベートの場でも赤星選手を一生懸命応援しております。

ちなみにこのブログ「虎式マンガウルフ」の親ブログにあたる「マンガウルフの野球と漫画☆夢日記」のこちらの記事のコメント欄においても、たくさんの方がこの曲に関する感想を書いてくださっています。

少しでも気に入っていただけると、とても嬉しく思います。
お忙しいところ、ありがとうございました。
これからも日本のプロ野球界全体に夢を与えてくれるような赤星選手のご活躍を心からお祈りしております。



さて、自画自賛で自ら曲の解説を加えますと…
■「走れ赤星」

作詞・作曲:マンガウルフ
演奏:マンガウルフ(ザ・クーピーズ
歌 :たんたん(ザ・クーピーズ)

打つ・走る・守るという野球の基本的な醍醐味を象徴する現役選手の代表として阪神タイガース・赤星憲広選手をイメージし、天然芝と土のグランドにおけるスリリングな試合展開を一曲のストレートなロックサウンドに凝縮した小気味良いプロ野球応援歌。
ギブソンのレスポールによるソロ・パートは阪神タイガースファンなら聴いた瞬間に「ニヤリ」としてしまう仕掛けとなっている。

なお、この曲には試聴する際の「勝手にイメージ映像」というものがありまして…。
簡単に手順をご説明いたします(ウインドウズお使いの方向け。マックのことはよくわからない…)。

1.僕が「虎式マンガウルフ」でお世話になっている「タイガースネットコム」様の会員用コンテンツ紹介ページを開きます。会員じゃなくてももちろん開けます。

2.ページ中ほど左に「熱闘ライブ2004 阪神タイガース公式戦をインターネットライブ中継!」と書かれております。そこに「サンプル」と題された部分がありますね。
それを右クリックして、お使いのパソコンの適当なところ(デスクトップなど)にダウンロードしてください。
もちろん会員じゃなくても無料でダウンロードできます。

3.これを再生すると、阪神タイガースの甲子園での試合(中日戦)がおそらくメディアプレーヤーで流れます。(阪急・南海戦が流れた方は、お使いのパソコンを修理してください。)

4.そして、ここがポイント。7分00秒のところでタイミングよく一時停止します(関本選手がうつっています)。そして「メディアプレイヤーの音量」(パソコン自体の音量じゃなくて)はゼロにしておいてください。

5.お使いのパソコンにダウンロードした「走れ赤星」を、メディアプレーヤーとは別のプレーヤー(RealOneなど)で再生してください。(右クリック→「プログラムから開く」でプレーヤーは選択できます。)
そして「走れ赤星」の再生と同時に、先ほど「7:00」で一時停止しておいたメディアプレイヤーも同時に再生してください。

5.あら不思議!「曲の展開」と「映像内の赤星選手の動き」「土煙の上がり方」「荒木選手の表情」などがピッタリはまってとてもかっこいいです。

いや、それだけなんスけどね。

手順はややこしく見えますが、要するに「サンプル動画の7分00〜」と「曲」がばっちりイメージににはまるからお試しくださいということです。
しかもピッタリはまるのは曲の「一番」だけ。
二番以降は関本選手の「目、シパシパ」などが映像として流れるだけっす(笑)。

ただ、曲はともかく、このタイガースネットコム様の映像はいいですよ。
小谷さんが大好きな中日ドラゴンズから金本アニキが逆転スリーランを打つシーンが収録されてますからね(笑)。

あ、もう一曲解説を…


■視界良好ゼロ〜プロ野球をぶっつぶせ

作詞・作曲:マンガウルフ
ギター:マンガウルフ(ザ・クーピーズ)
ベース:けぇ(ザ・クーピーズ
ボーカル:たんたん(ザ・クーピーズ)

3000円ちょっいという安価なカセットテープレコーダーを本棚に置き、ザ・クーピーズのメンバーがライブ翌日にマンガウルフの自宅に集合し、「いっせーのーで」の勢いで一発録音した手作り感に満ちあふれる牧歌的な作品。
原曲はメンバー全員がボーカルをとる迫力のパンクロックであるものの、完全に自宅という環境のもとご近所への配慮を最大限に考えてアレンジし直したエコロジーな側面が涙をさそう。
背後に流れるヘッポコで単調なデジタルドラムはネット上にフリーで配布されているリズムマシンソフトの音。
パソコンのスピーカーからの垂れ流し状態は、ある種の郷愁を誘う。

誤解を生みかねる毒のある歌詞に関しては、プロ野球再編問題に際したマンガウルフが「一度壊して作り直すぐらいの覚悟がないとプロ野球は死んでしまう」という危機感から経営陣に向けて切実に紡ぎだした、いわば「暴言」。
プロ野球を愛してやまないファンからの愛のムチと受け取っていただければ幸いである。

いかがでしょうか?

これらの曲が「いいな」と思っていただいた方、感想などいただければ嬉しく思います。
また、「すっげーいいぜ、おい。どうしよう。お金あげようか?」ぐらい感動していただいた場合は…どうしよう。
とりあえずご褒美として「人気ブログランキング」でもクリックしてやってくださいませ(笑)。