阪神タイガースの新しいヒッティングマーチが発表されました。
球団歌である「六甲おろし」が変更になったわけではないですよ。

野球ファンの皆様はすでにご存知だと思われますが、一括変更(桧山選手と矢野選手の曲以外)のきっかけとなった理由は以下の記事でもごらんください。

■阪神の応援歌作者詐称で2人逮捕

「ええ加減にせぇ!」という気持ちしか浮かばないのは、全てのタイガースファンの皆様と同様ですのであえてグダグダと述べません。

で、今季より使用される阪神タイガースの新ヒッティングマーチ(選手別応援歌)が以下のサイトで視聴できます。

■ヒッティングマーチ管理委員会

このサイトにも、ヒッティングマーチが変更に至った苦々しい経緯が記載されておりますね。

新聞にも新応援歌が選考されていく経緯やヒッティングマーチの歴史が詳しく紹介されております。
以下は大阪日刊スポーツのこの記事より。

新曲選定にあたっては、同委員会の呼びかけで、全国の同応援団員から48曲の応募があった。2回の選考会議では、参加者全員が目隠しして曲を聞き、多数決で決めるなど公正を期した。すでに全国37支部に楽曲が配布され、2月下旬には各地でトランペットの練習会も行われている。


短い時間に大量につくりあげられ、変更されたヒッティングマーチに多少の違和感はあれど、それは誰が作っても同じこと。

タイガースを愛する人々が工夫を盛り込みつつ、一生懸命すべてのタイガースファンの期待にこたえようと作り上げた新ヒッティングマーチには、拍手と賞賛と敬意の気持ちを送りたいと思います。

発生する著作権も、社会貢献のために寄付することが発表されておりますしね。



ただ一つ残念なのは、このヒッティングマーチ管理サイトからは歌詞以外がダウンロードできないということ。
以下にその理由を引用させていただきましょう。

多くのファンの皆様が個人で楽しんでいただけるよう、当ホームページでは自由にマーチを聴くことが出来ます。曲のダウンロードは不正使用防止のため行なえません。歌詞につきましてはダウンロードできますので、球場へお持ちになるなど、ご自由にお使い下さい。


しばらくすれば有志の方が自作のMIDI音源などで公開してくださるのでしょうが、これは少し寂しいですね。
事件の直後ですし気持ちはわかるのですが、現時点で新タイガース応援歌を覚えようと思ったらいちいちこのページを開かないといけない。

パソコン環境がある人間はまだ良いものの、そうではないタイガースファンはいったいどうすれば良いのでしょうか?
着メロによる配信は予定されておられるようですが、おそらく有料でしょうしね。

新しい応援歌を覚えるだけでも大変なのに、それを聞くことすらも煩わしいというのは残念です。
できればダウンロードして、いろんな環境で聞けるようにしていただきたい。


いや、僕は私設応援団の方を非難しているわけではありませんよ。
むしろおおいに感謝したうえで、「できましたら…」と意見を述べているにすぎません。

本当に非難されるべきなのは、著作権虚偽登録で逮捕された人間ですから。
ほんま、ええ加減にせぇ。