12月になりましたね。
年末進行で大変な時期であり事実いまも原稿真っ只中ですが、「有限会社ジャグラー」の連載がひとつ減った分、例年に比べるとスケジュールに余裕があります。
出版関係のみなさま、カネシゲを使うなら今っス!

 ※ ※ ※

さてWeb連載させていただいている「萌えろ!プロ野球」ですが、FA宣言を扱ったネタ(リンク先2本目)がみずしな孝之先生が過去に書かれたマンガのネタと被っているというご指摘をいただきました。
厳密に言えば直接ご指摘いただいたわけではなく、ご自身のブログに書いてくださったんですね。

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/wlbs/article/44

自分的にはくだらなすぎてお気に入りのネタだったのですが…。
純粋にどこがどう被っているのか知りたかったのでコメント欄にもお邪魔させていただきました。
具体的にやさしく教えていただき、感謝しきりです。

マンガに限らずどんな表現でもそうですが、「被る」ということとの戦いです。
意図して被ればただのパクリなんですが、今回のように意図せず被るケースも少なからずありまして、こればっかりは防ぎようのないネタとネタの衝突事故。
「あちゃー」と言う以外、なすすべがありません。

今回被ったのは広島・赤松さんの「アホ松っぷり」をネタにした単発マンガでしたが、上記ブログを読ませていただいて「3年SB組 多村先生」のネタや設定が被ったのかと一瞬思いました。

さすがに連作もので設定が被ってるのはマズすぎます。

もしそうだった場合は今後も描く予定の「多村先生シリーズ」を放棄しなければと覚悟しましたが…そうではなくて少しホッとしました。

今後も僕のマンガに関してネタ被りの事例がありましたら、教えていただけますと幸いです。
「完全に防ぐ」は不可能にしても「なるべくなら避けたい」という意志だけは強くありますので。

 ※ ※ ※

まあ全ては作者の勉強不足が原因であり、事故を避けるためにも勉強の必要性は痛感するのですが…あまりに勉強しすぎると「あれもダメ」「これもダメ」と思考の自由がどんどん狭くなるジレンマもあり、なかなか難しいところです。

他の方の表現をいろいろ知った上でネタを創作し、被るようならば避ける、あるいはそのネタを別角度から切り込んで料理し、よりオリジナリティーを高める。それが理想でしょうね。

あまたある世に出た作品群の上に、自分がどんなオリジナルを積み重ねられるか。
それが表現者の戦いです。(かっこいいことを言ってみました)





カネシゲタカシの公式サイトはこちら。お仕事のご依頼もお待ちしております。
カネシゲバナー

カネシゲタカシの著書はアマゾンでもお買い求めいただけます。