先制“口撃”!オリ・岡田監督、真弓虎潰す
先制“口撃”だ。語気を強めた。避けては通れない古巣との激突。縦じま時代から支援してくれた阪神ファン揃いの後援会員に、岡田監督があえて豪語した。

 「オープン戦3試合と交流戦で4試合、タイガースとあるんで、ご期待しといてください。すごいことをやるかもしれないので」
(サンケイスポーツより)


岡田はんが著した「オリの中の虎」を読んでから、この新聞記事を見ると興味深いですね。
「阪神を倒す!」という目標の中にオープン戦までも含まれていたとは。リップサービスで「日本シリーズでも倒す!」と言えば盛り上がったでしょうね。
(本の感想は前回のブログ参照)

そうれはともかく「すごいこと」って何だろう。
いろいろ想像してみよう。

バッファロー吾郎さんの大喜利イベント「ダイナマイト関西」のお題風に言えば「岡田監督が考えたすごいこと、その中身とは?」

次回の「萌えろ!プロ野球」はこのネタでいこうかな。ぐふふ。




カネシゲタカシの公式サイトはこちら。お仕事のご依頼もお待ちしております。
カネシゲバナー

カネシゲタカシの著書はアマゾンでもお買い求めいただけます。