というわけで今日は純度ほぼ100%のパリーグファンの皆様の集いにお招きいただいてたわけですが。

贔屓チームの垣根を越えて盛り上がれるのがパリーグの良さ。
いや、楽しかった。
楽しかったけど、正直うらやましかった。
セントラルではなかなかこうはいかない。
他球団の応援歌を屈託なく歌えるなんてなかなかないと思う。

今年はめちゃくちゃ面白かったと口々に言う皆さん。
そりゃパリーグはそうだったでしょう。
ところがセリーグは交流戦から惨めでした。


全てをわかったうえで阪神ファンがあえて言いますが、広島の不甲斐無さは
なんだ。
そして横浜の悲しいまでの弱さはなんだ。

おかげでペナントの緊張感は半減。
「勝ちに行く」というよりは「取りこぼさない」戦いに終始したセントラルに突き抜けた強さはなかった。
あとドラフト運のなさ。
育成速度の遅さもありますが。
イキのいい若手はみんなパリーグ。
若さに欠ける。
エースと呼べるのはマエケンだけ…。


今日はそんな愚痴もこぼしつつ、森本稀哲のお父様にご馳走いただいたジンロをいただきました。
頑張れ、セントラルリーグ。
胸を張って面白かったと叫べるように。