野球大喜利「アサ芸杯」の第14シーズンの結果は以下の通りです。 〈第281回戦(2018年4月26日号)〜第300回戦(2017年9月20日号)までの期間で集計〉


☆「アサ芸杯」とは☆
ツイッター野球大喜利(@89_ogiri)の優秀投稿作品に、主催者の漫画家・カネシゲタカシが絵とコメントをつけて『週刊アサヒ芸能』に掲載させていただく雑誌連動型企画。20週を1シーズンとし、ポイント制でランキングを競います。上位3名には賞金を授与。皆さんのご参加お待ちしております!(投稿規約はこちら


順位 選手名 打点
1 ko_do_mo 61
2 gaddemukatuku42 52
3 taraco 49
4 realbandoh 48
5 marine_yamada 40
6 G88man 37
7 beniimo47 24
8 gull_bp 23
9 ponnieblue 22
10 machakickRX 21
10 mister0dos 21

【総評】
今回で第15シーズンが終了。ko_do_mo選手が序盤から大阪桐蔭のごとき安定感あふれる戦いで2季連続6度目の優勝を果たした。そして激しい2位争いを制したgaddemukatuku42選手は初の三傑入り。円熟味を増すtaraco選手の老獪な戦いっぷりも見事だった。そしてrealbandoh選手にも拍手を。大いに盛り上げるもわずか1打点差で賞金獲得はならず。これがホントの金NO旋風と、上手いこと言って慰めとする。

※ ※ ※

なかなか時間が取れず、また総括が遅れたことをお詫びしたい。うえの総評はアサ芸本誌にも掲載したものの焼き直しだが「金農旋風」というやや干からびたワードが出てくるあたり、遅きに失した感バリバリである。

おかげさまで300回。

長いような短いような。このあたり、正直よくわからないのだが、おかげさまで単行本第6弾となる『野球大喜利 ザ・ヒーロー』も8月に発売となり、大喜利ーガー各位には感謝の気持ちでいっぱいである。


なお今節は「投稿の際に添えてあるイラストごと採用」というエポックメイキングな出来事もあった。


そういえば投稿ルールに「文字だけで回答すること」という決まりはない。よってアリだと判断した。思えば「IPPONグランプリ」などフリップを使う大喜利ではイラストを添えて回答するケースが頻発する。もちろんクオリティ次第ではあるが、今後も自作イラスト付き投稿の採用には躊躇しない。絵を描く手間もはぶけるし。げふんげふん。
※拾い物のイラストや写真での投稿はNGです

―――――

以下では第15シーズンで歴史に名を刻んだベストナインたちの健闘を、選手名鑑風にたたえたい。


【1位】ko_do_mo選手(61打点)
2季連続6度目のVを飾った今シーズンは、開幕から8試合連続打点をあげるなど好調をキープ。前季から10打点の上積みをみせ、底知れぬ浪花の大喜利モンスターとしての実力をいかんなく発揮した。
295回戦「もしも赤塚不二夫先生が野球マンガを描いたら」では「繋がる目ん玉、繋がらないおそ松な打線 」のMVPを含む8打点。

1
通算打率を「684」に伸ばし、ついにバレンティンの「670」を抜き去った。今季はその孤高の記録をどこまで伸ばせるか、注目が集まる。


【2位】gaddemukatuku42選手(52打点)
初のクリーンアップ入りを果たしたのは、遅れてきたスラッガー・がっでむかつく選手だ。序盤からコンスタントに打点を重ねることで並み居るライバルたちを押しのけ、この地位を勝ち取った。
291回戦「『W杯で日本がコロンビア撃破』の奇跡っぷりを野球に例えると?」のお題では、「始球式で出てきた鈴木福くんがそのまま投げて1失点完投」などの回答で8打点。
0628
小久保裕紀、筒香嘉智らと肩を並べる紀州の大砲。次に狙うは頂点のみ。


【3位】taraco選手(49打点)
今季は2位以下が大混戦となり、終盤まで目が離せない戦いとなった。最終的に1打点差で3位争いを制したのは、中折れしないベテラン・taraco選手だった。今季はスタートダッシュに成功するも、その後やや失速。
しかし289回戦「アンパンマンの二番煎じでサッパリ人気が出なかった『シンパンマン』ってどんなアニメ?」のお題で「斎藤佑樹だけが友達さ、とポルシェをねだった件のジャッジはおこなわなかった」など、らしい回答が炸裂し7打点。勢いを盛り返した。
0613
今季の賞金は、天災が続いた列島で、これから立ち上がる人々のもとに届けられたとのこと。人として、また道祖神としてスケールの大きさを感じる。


【4位】realbandoh 選手(48打点)
悲願のクリーンアップ入りに指が届くも、最後は振り切られたヲッサン選手。しかし自ら「師匠」とあおぐG88man選手よりも上の順位につけたことは、特筆に値する。
第297回戦「野球バカのセミの特徴」のお題では、「FA宣言した途端『GGGGGGGG-ッ!』と鳴きまくる」の回答でMVP含む9打点。
アサ芸

うまいこと言えば世界はひとつ。時はきた。今度こそ頂へ。


【5位】marine_yamada選手(40打点)
ミスター野球大喜利(ミスターSASUKE的な意味で)は前シーズンと同じく5位。順位は食い足りないものの、ますます円熟味を増す大喜利術は健在である。最近はその活躍も予想外の方向に。気がつけばあの『プロ野球ai』で読者参加型ページを担当するまでになった。いったい何者だ。
第296回戦「こんな女子マネージャーは怒られる」では「部員の坊主頭を活用してユニフォームを洗う」などの回答で6打点。
アサ芸0802
「西のこども、東のやまだしょてん」として通算打点の覇権をこれからも争っていただきたい。


【6位】G88man選手(37打点)
前回2位。多忙な日々、仕事と大喜利の二刀流のなかでクリーンアップの座から陥落するも、ここまでまとめあげた結果を出せるのはリストの強さがなせる技である。
284回戦「野球バカが考えた赤ちゃんを一発で泣き止ませる画期的な方法」では「ベビー叱咤・張本勲に預ける」などで5打点。
アサ芸0510
まだまだヲッサン選手に「うまいこ党」党首の座は譲らない。原辰徳のごとく、何度でも政権奪取だ。


【7位】beniimo47選手(24打点)
初のクリーンアップ入りを果たした前回から順位こそ下げるも、他リーガーの脅威となる戦いっぷりでこの位置につけた。荒削りもまた魅力。意外性の一発で打線のキーマンとなる。
第297回戦「野球バカのセミの特徴」のお題では、「広島に入り『蝉丸コンビ』として輝かしい野球人生を送るのが夢」などで計6打点。
アサ芸
いつかアサ芸の杯に、泡盛を注ぐ日を夢見て。まずは三役返り咲きだ。


【8位】gull_bp選手(23打点)
久しぶりにベストナイン入りを果たし、ベテラン大喜利ーガーとしての意地を見せたのは、がる選手。柔和な笑顔から繰り出すシャープなボケは美しい弾道を描いて幕張の夜空に消えていく。
第287回戦「忍者が結成した野球チームにありがちなこと」のお題では「ファンサービスでサイン手裏剣を投げ込む恒例の惨事」の回答でMVP。
アサ芸0530
ベテランといえど、伸びしろあり。上位に食い込みジャイアントキリング目指す。


【9位】ponnieblue 選手(22打点)
前回初のベストナイン入り。そして今回で2季連続の入閣となった米子の星・ポニーブルー選手。突拍子もない方向への大ファウルに観客が呆気にとられた直後にジャストミートでスタンドインさせる意外性の塊。
298回戦「こんな野球用ヘルメットはイヤだ」のお題では「打者有利の奈良判定になりやすい鹿の角が生えてる 」の時事ネタで3打点。
20180822



【同率10位】machakickRX 選手(21打点)
前回16位から10打点を上積みしてベストナインに返り咲いたのは まちゃきっくRX選手だ。堅実なプレースタイルで、どんな球にも忠実にバットを出し確実に塁に出ようとする姿勢は好感が持てる。
第294回戦「野球バカがつくった航空会社はここがバカ」のお題では「『右翼手兄弟』って呼ぶ」などの回答で6打点。固め打ちの素質も垣間見せた。
アサ芸0719



【同率10位】mister0dos選手(21打点)
「自身初の打点ベストテン入りが現実味を帯びてきて俄然テンションが上がってきております」。DM内に記された初々しい言葉が語る通り、ミステル選手はこれが初のベストナイン入り。打率こそ平均的なれど、ツボにはまったときの飛距離は身体能力の高さを感じさせるに十分だ。
295回戦「もしも赤塚不二夫先生が野球マンガを描いたら」では「 阿部慎之助『‥‥私もあなたの数多くの作品の一つです』」などの回答で5打点。上位進出への決め手となる。
0726アサ芸
まだまだ老け込む年ではない。


【シーズン記録(1位~30位まで)】

順位 選手名 打点
1 ko_do_mo 61
2 gaddemukatuku42 52
3 taraco 49
4 realbandoh 48
5 marine_yamada 40
6 G88man 37
7 beniimo47 24
8 gull_bp 23
9 ponnieblue 22
10 machakickRX 21
10 mister0dos 21
12 shibafami 13
13 omanjyuu3 12
13 Cabin_W_Caster 12
13 t_ikesan 12
13 masasi_kari 12
13 aikawamaico_b 12
18 mr__kei 11
19 fb_moba 10
19 oklahoma1013 10
19 corleone_k 10
22 adoreman 9
22 negibatake_p 9
24 SAZZY_KTY 8
24 kamiha_0604 8
24 jormunchan 8
27 wassan_03 7
27 inaka_no_jiken 7
27 uribo2_f 7
27 tomoyapi 7
27 sandiuyonban 7
27 toriaezu_s56 7
27 bue61 7

【関連リンク】
・野球大喜利「アサ芸杯」第1シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第2シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第3シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第4シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第5シーズン結果&総評


・野球大喜利「アサ芸杯」第6シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第7シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第8シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第9シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第10シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第11シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第12シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第13シーズン結果&総評