カネシゲタカシBLOG

漫画家・カネシゲ タカシのブログです。(旧ブログより2013年春に移転)

ブログでは特に重要なトピックのみをお知らせしております。
日々のお仕事情報、その他は
Facebookページありがとう カネシゲタカシですをご覧ください。

カテゴリ: 野球と野球大喜利

普段から仲良くさせていただいているスポーツMC南隼人さんとタッグを組んで、野球ファンのためのまったく新しい交流イベントを開催させていただきます!

chirasi_small


2017年5月29日(月曜日)
開場
18:30/開演19:30
場所:東京カルチャーカルチャー(渋谷)
出演:カネシゲタカシ、南隼人
前売り券:3,980円 (当日券は500円増し)
テーブルおつまみ付/要1オーダー (アルコール550円〜・ソフトドリンク480円~)

☆前売り券は4月18日(木)朝10時よりイープラスで発売開始!
☆東京カルチャーカルチャーのイベント告知ページはこちら

プロ野球交流戦前夜に、漫画家・カネシゲタカシとスポーツMC・南隼人が全プロ野球ファンに楽しんでいただけるレクリエーション型のゲームイベントをご用意しました。その名は「THE GAME #野球ニ戯レ制覇セヨ」(ザ・ゲーム/やきゅうに・たわむれ・せいはせよ)


「レクリエーション型ゲームイベント」といわれても、ピンと来ない方もおられるでしょう。しかし皆さんは、学生時代にクラス全員でゲーム大会やクイズ大会を開催し、おおいに盛り上がった記憶はありませんか? そう、「THE GAME」はあの楽しい時間の超進化バージョン。“大人の野球ファン”が本気で楽しみ交流するための、スペシャルなレクリエーションイベントなんです!


テーブルごとにチーム分けされた来場者の皆さんには、野球をテーマにした数々の“GAME”にチーム対抗戦で挑んでいただきます。己の野球知識が試されるクイズや、運と笑いが支配するオリジナルゲーム、他にもチームワークが試されるクイズバトルなど盛りだくさん。楽しく呑んで語らいながら、ときに真剣に悩みながら、チーム全員で力をあわせて“THE GAME”を心ゆくまで遊び尽くしてください!


司会はもちろん侍ジャパン・オフィシャルレポーターとしても大活躍中のスポーツMC・南隼人。そしてゲームマスターはカルカル名物「野球ファン交流戦」でおなじみの漫画家・カネシゲタカシが務めます。野球界をにぎわす最強タッグが全力プロデュースする極上のレクリエーション型イベント、それが“THE GAME”です。


野球ファン初心者も、マニアなファンも、おひとりさまでも、お誘い合わせでも、大・大・大歓迎です! 交流戦前夜にわいわい語らいながら、参加者全員がゲームを通じてコミュニケーションを深め、新しい“やきゅ友”になれる、そんな濃密な時間をお楽しみください。


2017年プロ野球交流戦前夜祭。みんなで作るみんなのイベント「THE GAME #野球ニ戯レ制覇セヨ」で、おおいに盛り上がりましょう!!


人数限定イベントです。チケットの販売枚数には限りがあります。

・お好きな球団のユニフォーム着用を推奨します

・本編終了後には会場で打ち上げを行います(有料)。みんなで飲んで語いましょう!



※ ※ ※ ※ ※


以上は告知文より抜粋しました。


大人の野球ファンがひとり残らず全力で楽しみ 仲良くなれる――そんなレクリエーション空間を、最強MC・南隼人さんとタッグを組んで全力で作りあげます!

なお、より濃密なコミュニケーションを楽しめるよう、人数限定イベントとさせていただきます。予定枚数に達し次第、チケット発売は終了となりますので、早めの前売り券ご購入をおすすめいたします。

その前売り券は4月18日(木)からイープラスで発売開始となります。
野球ファンの皆さん、どうぞよろしくお願いいたします!

―――――

新刊『みんなのプロ野球川柳』、好評発売中です!




20170404-135320-0
4月4日は我が横浜DeNAベイスターズの本拠地開幕戦ということで、ハマスタに行ってきました!

20170404-144942-0
今回もご好意で練習見学から参加させていただきました。日本の四番・筒香選手と野球殿堂入りの平松政次さんのツーショット。

20170404-150158-0
わあ、ハマの番長・三浦大輔さん。もう「三浦大輔投手」と書けないところに少しの寂しさがありますね。

20170404-145306-0
ロペス選手と筒香選手が揃い踏み。練習の時から身体にキレがあった好調ロペス選手、この日ホームランを打ちました。

20170404-143615-0
いつものベイスターズ仲間と。奥左からTHE HOOPERS・麻琴さん、TBSニュースバードアナウンサー・大鋸友紀さん、カネシゲタカシ、ライターの我妻弘崇。手前はおなじみ、ダーリンハニー吉川さん。吉川さんはテレビ中継のゲスト、麻琴さんはSHOWROOMアシスタントのお仕事。囲み取材もがんばっておられました。

20170404-144818-0
そんな囲み取材を撮ったら爆笑する谷繁さんが。

10101-000000-1
今年の開幕ピッチャー・石田健大投手と。以前SHOWROOMの新人特番で司会をさせていただいたときにお会いしていたことを、薄っすらと覚えててくださいました。「初々しかった頃だ」とはご本人談ですが、素敵な笑顔は変わらないです。

20170404-173655-0
大鋸さんには『みんなのプロ野球川柳』もお渡しできました!大鋸さんは「おおがさん」と読みます。「おおきなノコギリ」と書いて大鋸さんですが、ご本人はいたって穏やか。


20170404-182128-0
そうこうしているうちに開幕セレモニー。

20170404-202118-0
そして試合は今永投手と菅野投手の投げ合いに!

しかし――

今永投手が負傷交代したあと強力・巨人打線にリードを許し、残念ながら敗戦。
でもまだ始まったばかり。今永投手が軽症だったことと、ロペス選手の痛快な一発がみられたことで良しとしましょう。TOMORROW IS ANOTHER DAY!あ、次の日も負けたんだ。いや、まだまだー!!


というわけで僕のコラムが1面ぶち抜きで掲載された『BAY☆スタ』第4号発売中。ハマスタ内オフィシャルショップや横浜市周辺のコンビニ・駅売店等で好評発売中です。

018
017


新刊『みんなのプロ野球川柳』も大好評発売中! こちらもヨ・ロ・シ・ク!!





018


お知らせです。明日発売のベイスターズ応援特別新聞「BAY☆スタ」第4号からカネシゲタカシの連載コラム「だから僕らはBAYで泣く」が始まります。

「BAY☆スタ」はベイスターズファンなら一度は見かけたことのある、ベイスターズ情報100%のタブロイド新聞。去年に第1号から第3号まで発行され大好評だったということで、今年は発行頻度を増やすそうです。そんななか新しくコラムを描かせていただくというのは本当に光栄で、お話をいただいたときは大げさでなく喜びに震えました。僕の漫画家としてのの目標のひとつは「スポーツ新聞で連載を持つこと」なのですが、その大きな夢に一歩近づけた気がしています。

なお1コマ漫画付きのコラムとなります。僕がベイスターズファンになった理由と、“日本の4番”筒香選手をテーマに書きました。最初ということで大々的にドーンと掲載していただきました(びっくりするぐらい)。

017

まさかの今井翼さんと共演です。これからは「BAY☆スタ」を“タカシー&翼”で盛り上げていきたいと思います(←袋叩きにされる不用意な発言)。

4月4日から横浜周辺のコンビニや駅売店、また横浜スタジアム内オフィシャルショップ(夕方以降)でご購入いただけます。遠方の方は「サンスポ e-shop」さんで通販もあります。どうぞよろしくお願いいたします!

※ ※ ※ ※ ※

さらにイベントに関するお知らせ!

次回の「集まれ!プロ野球ファン交流戦 第17戦」5月8日(月)の開催が決定しました(詳細こちら)。
ゲストは現在調整中です。どうぞよろしくお願いいたします!

また5月29日(月)のプロ野球交流戦前夜というタイミングで、同じく東京カルチャーカルチャーを会場にまったく新しい交流型野球イベントを開催予定です。ひとまず予定を空けておいていただけたらうれしいです。野球ファンの方ならきっと楽しめるイベントです。

※ ※ ※ ※ ※

そして新刊『みんなのプロ野球川柳』は好評発売中です。こちらも引き続きよろしくお願いいたします!



075

3月25日(土)に阿佐ヶ谷ロフトAにて開催の出版記念トークイベント「『みんなのプロ野球川柳』祭りin東京」にご来場いただいた皆様、そしてユーストリームでの生中継をご覧くださった皆様、本当にありがとうございました!

オープン戦終わりに駆けつけてくださった方、北海道や金沢からはるばるお越しくださった方、いろいろおられました。なかには会場の阿佐ヶ谷ロフトAから徒歩2分のところに住んでいるという方もおられました。
かく言う僕も東京に上京したばかりの2000年の頃は南阿佐ヶ谷の近くに住んでおりました。僕にとって青春の場所でもあるのです。まあ、やってることは当時とあんまり変わってませんが。

057
071
大阪イベント同様にたくさんのゲーフラに出迎えていただきました。なかには意味がさっぱりわからないものもありましたが(笑)、とにかく感謝!



048
みんなで乾杯!

015
手前から担当編集松野さん、カネシゲタカシ、奥津さん。

047
017
カバーデザイン案3種をご紹介。一番左端のデザインが選ばれました。

016
今回好評だった「川柳警察24時」のコーナー。ほかにも恒例となった「ボツネタスライドショー」など、たっぷりの内容でお送りしました。

014
なぜ傍らの男性は「勝訴」を掲げているのか。イベントをご覧になった方にはわかります。


072
最後はみんなで記念撮影! 本当にみなさんありがとうございました!!(※紹介した写真の一部は あいるさんにいただきました。ありがとうございます!)

3月4日にゲスト出演させていただいたイベント「プロ野球ファンの集い」を主催されてる ちくりんさんや、この前SHOWROOMの番組『楽しみまSHOW!野球女士』に僕を呼んでくれた山本祐香さん、古田ちさこさんもご来場くださりました。また「あるあるプロ野球」シリーズからずっとデザインを担当してくださってる竹内くま彦さんにもお越しいただきました。あと終演後にひょっこりとジントシオさんがやってきてびっくり。会場に残って打ち上げをしていた参加者も混じえて、終電近くまで盛り上がりましたとさ。

なおこのイベントの様子はユーストリームのアーカイブ(録画)でお楽しみいただけます。
以下をクリックしてご視聴ください。
前編⇒ http://www.ustream.tv/recorded/101374539
後編⇒ http://www.ustream.tv/recorded/101376438

みんなで作ったみんなの書籍。
この素晴らしき一冊を世に広められるよう引き続き頑張りますので、これからもお力添えいただければ嬉しいです!

006
これは来場者の方が持参した去年の日本シリーズ第6戦のレアードの満塁ホームランのボール。すごいもの見せていただきました。


※ ※ ※ ※ ※

なお告知が2件ほど。

長らくスポーツナビブログで連載していた「ベイスたん」が、総合スポーツニュースサイト「VICTORY」に連載の場を移します。詳しくはこちらをご覧ください。

また3月30日(木)、プロ野球開幕前夜に「集まれ!プロ野球ファン交流戦 第16戦」が渋谷カルカルで開催されます。ゲストは埼玉西武ライオンズのスタジアムDJ、リスケさん。もちろん僕も出演します。お気軽にご来場ください!(詳細はこちら


3月16日に発売された新刊書籍『みんなのプロ野球川柳』(カネシゲタカシ・野球大喜利著/講談社/税込1,080円)、おかげさまでたくさんの方から高い評価をいただいております。



みんなのプロ野球川柳

そこに掲載された川柳の面白さはぜひ手に取ってご堪能いただきたい。
まもなく始まるペナントレース前に予習の意味も込めてぜひどうぞ!

※ ※ ※

なお本日3月21日(火)20時から、SHOWROOM『楽しみまSHOW!野球女士』という番組にわたくしカネシゲタカシがゲスト出演させていただきます。

a

https://www.showroom-live.com/yakyujoshi
【出演】杜野まこ、山本祐香、古田ちさこ、上村彩子、藤邑鈴香
【ゲスト】カネシゲタカシ

「みんなのプロ野球川柳」についてもお話させていただく予定です。
生配信でしか視聴できませんので、お時間ある方はぜひご覧いただけたらと思います。


※ ※ ※

出版記念イベント『みんなのプロ野球川柳祭り』は3月18日に大阪ラウンドが、おかげさまで大盛況のなか終了いたしました!

010


016

たくさんのゲーフラで迎えていただくことが半ばイベントの恒例となりつつありますが(笑)、そんな漫画家は他にいませんよね。本当にありがとうございます!
なお3月25日(土)の19時半からは東京ラウンドが控えております。おそらく当日券もあります(イベント詳細はこちら)。関東のオープン戦終わりでも充分間に合う時間帯ですので、どうぞお誘い合わせのうえ気軽にご来場ください!

ユーストリーム生中継の配信URLは以下のとおりです。
http://www.ustream.tv/channel/asagayalofta


※ ※ ※

さてブログの記事タイトルに「お詫び」とありますが、今回の「みんなのプロ野球川柳」にも誤植やデータ間違いが見つかりました。

訂正が必要な箇所は以下のとおりです。

52ページ

サファテに関して「同点でマウンドにあがると7敗を記録」とありますが、2016年8月31日の西武戦はリードの場面で登板し逆転サヨナラ負け、敗戦投手となっています。

100ページ

×今永翔太⇒○今永昇太

143ページ
×嶋基弘⇒○嶋基宏 (コメント部分の俳句のみ表記が間違っています)

172ページ

「契約最終年は一軍出場なしに終わったトニ・ブランコ」とありますが、実際には27試合出場しています。

以上になります。

読者の皆様からのご指摘に心より感謝するとともに、事前に発見できなかったこちらの不手際、そして勉強不足を恥ずかしく思います。大変申し訳ございませんでした。お詫びの上訂正いたします。

↑このページのトップヘ