カネシゲタカシBLOG

漫画家・カネシゲ タカシのブログです。(旧ブログより2013年春に移転)

ブログでは特に重要なトピックのみをお知らせしております。
日々のお仕事情報、その他は
Facebookページありがとう カネシゲタカシですをご覧ください。

カテゴリ: 野球と野球大喜利

漫画家のカネシゲタカシです。

当記事では2017年3月に講談社より発売が決定した書籍『みんなのプロ野球川柳』(カネシゲタカシ・野球大喜利著)の川柳募集に関してお知らせいたします。

まずは企画の概要や投稿の方法、投稿規約などをご紹介し、そのあとにカネシゲからのメッセージを記載します。

――――

《企画の概要》
・2017年3月に講談社から発売予定の書籍『みんなのプロ野球川柳』に掲載させていただく、プロ野球12球団にまつわる川柳を「ツイッター野球大喜利(@89_ogiri)」で大募集いたします。

「川柳」とは
五・七・五の音を持つ日本語の詩のひとつ。俳句と違って季語がなく、テーマも自由。五・七・五の文字数を超過する「自由律」も認められますが、できるだけ規定の音数に納めたほうが評価は高いといわれます。

なお、募集するプロ野球川柳は以下の2ジャンルです。これらは同時に募集いたします(回答例は過去の野球大喜利から引用させていただきました)。

プロ野球川柳
各球団にまつわる川柳です。内容は自由。喜怒哀楽、風刺、侘び寂び、感動、あるあるネタ、おバカ系などなんでもOKです。
《回答例》
日本ハム:「大谷が 投げる度見る スピードガン」
千葉ロッテ:「兄弟に 京大もいる 千葉ロッテ」

なりきり川柳
各球団の選手・監督・コーチ・OB・関係者・マスコット等になりきって川柳を詠んでください。投稿の際には、誰が詠み人なのか分かるように明記してください。
《回答例》
阪神:金本監督「鳴かぬなら ホキョーホキョーと 客が鳴く」
巨人:高橋監督「鳴かぬなら 鳴かなくてもいい 賭けぬなら」
※「詠み人」の名前は川柳の前についても後についても構いません


《お題や募集時期について》
・お題ツイート(投稿用ツイート)は1日1題出題されます。
ツイート例の画像


・初出題日は11月2日(水)正午。土日祝の出題はありません。

・募集期間はそのお題の出題日から1週間です。
例えば11月2日(水)に出したお題の締め切りは9日(水)いっぱいです。

・出題される球団の順番はランダムです。


《回答方法》
・お題ツイートに対して「非公式RT」で回答してください(推奨)。その際にハッシュタグだけは必ず残してください。(ハッシュタグで回答を収集しています)
ツイート例の画像 - コピー

・おひとりで何度ご投稿いただいてもOKです。

・「非公式RT」がわからない方は、こちらの記事を参考にしてください。
ウェブツールやスマホアプリを使えば簡単に「非公式RT」で投稿ができます(「ついっぷる」等)

ご注意ください!
・お題ツイートを、ツイッター公式の「引用ツイート」形式でリツイートした場合、ハッシュタグ検索に引っかかりません。その場合は手作業でハッシュタグを追記いただく必要があります。

・最近、一部の方のツイートがツイッターのハッシュタグ検索で出てこないという不具合が度々発生しております。もしご自身のツイートがハッシュタグ検索で出てこないという場合は……

 1)野球大喜利宛にDMを送って知らせる
 2)@kaneshige_t をつけてツイートし、カネシゲ宛に直接知らせる

上記いずれかの方法でその旨お知らせください。申し出があった方の投稿はこちらでチェックし選考対象とさせていただきます 。なお@89_ogiriをつけてツイートいただいた場合は見落としてしまう可能性があります。必ず上記いずれかの方法でお知らせ願います。

この不具合は、時間をずらせば検索に出るケース、以前は大丈夫だったのに今日は出ないというケースなど、様々な症状があります。念のため各自こまめにご確認いただくよう願います。 


《採用について》
・川柳を書籍に採用させていただいた方全員に記念品をプレゼントさせていただきます。ただし複数の川柳が採用された場合でも記念品はおひとり様ひとつとなります。ご了承ください。

・採用に際してはツイッターのDMにて事前にご連絡差し上げます(2017年1月を予定)。なおDMをお送りする関係上 事前にツイッター野球大喜利(@89_ogiri)をフォローいただけると助かります。

・掲載の川柳には投稿者のツイッターアカウントを併記いたします。(例:@kaneshige_t)

・匿名での掲載も可能です。


《その他》
「狂歌」(五・七・五・七・七)選考対象外です。

・ネタ被り が発生した場合はより言い方が洗練されている方のネタを採用させていただきます。かならずしも早い者勝ちではありません。

・「伝わりにくいかも」という川柳の場合は、投稿時に補足説明を添えていただけると助かります(そのまま掲載するわけではないので、文体等に気を使う必要はありません)。

・その他の各種お知らせは「ツイッター野球大喜利(@89_ogiri)」で随時つぶやきます。

・当企画の公式ハッシュタグは #みんなのプロ野球川柳 です。ご質問等ある方もこのハッシュタグをつけてツイートしてください。

《追記:プロ野球川柳Q&A》
ツイッターでいただいたご質問への回答を以下に追記していきます。参考にしてください。

Q:ローマ字や英単語はどう数えますか?
A:日本語の読みに変換して数えます。
(例 「ZOZOTOWN」は「ゾゾタウン」なので5文字)

Q:小さな「ッ」「ャ」、また長音符「ー」などはどう数えますか?
A:川柳には以下のようなルールがあります。
1、小さな「ゃゅょ」「ァィゥェォ」は前の文字と合わせて1音
2、小さな「っ」はそれだけで1音
3、長音符「ー」は1音
感覚的に理解できると思うので気にしすぎる必要はありません。

Q:2つ以上のチームにまたがる話題はどちらのチームに投稿すればよいですか?
A:どちらでも構いません。選考時にこちらで調整いたします。

Q:「あるあるプロ野球」同様に、コメント欄での川柳採用はありますか?
A:未定です。「これは」と思うものがあれば、類似句または返歌として掲載させていただく可能性もあります。

Q:球団をしぼりにくい川柳はどうすればいいですか?
A:12球団川柳がテーマの書籍なので、「野球全体をテーマにした川柳」的なものは今回の募集対象外と考えてください。

Q:自分が一度投稿した川柳を改変して再投稿することは可能ですか?

A:可能です。ただし他の方が投稿した川柳を改変して投稿することはマナー違反なのでお控えください。


《投稿規約》
法律的な決まりごとです。必ずお読みいただいた上でご投稿願います。

1)投稿いただいた川柳の中から優秀作品を選び、2017年3月に講談社より発売予定の書籍『みんなのプロ野球川柳(仮称)』に掲載させていただきます。

2)書籍への掲載に際して内容を一部編集させていただく場合がありますがご了承ください。

3)投稿いただいた作品の著作権は投稿者に帰属しますが、カネシゲタカシ及び株式会社講談社は、日本国内外において、非独占的に使用(複製、公開、送信、頒 布、翻訳、翻案を含み、以下同じ。)し、又は第三者に使用許諾することができるものとします。また投稿者は書籍に掲載した作品について、著作者人格権を行使しないものとします。

―以上です―

―――――

さて、ここからはカネシゲから皆さんへのメッセージです。

野球大喜利の皆さんとともに2012年から毎年出版させていただいた『みんなの あるあるプロ野球』シリーズですが、今年でひとつの区切りをつけ、2017年は『みんなのプロ野球川柳』として出させていただくこととなりました。

まず出版が決まったということに関して、心より皆様に感謝いたします。
本当に、本当に、ありがとうございます!!

しかし「なぜ『あるプロ』から『プロ野球川柳』なのか?」と疑問に思われた方も多いことでしょう。

その経緯を簡単にご説明しますと、じつは『あるプロ』シリーズそのものが、ここ数年売り上げ的に“ややテコ入れが必要だ”という状態だったんですね。

もちろんシリーズとしての認知度は高かったですし、安定して売上が見込めるコンテンツであることは確かなんですが、これからもずっとリリースできるかというとクエスチョンマークが出る、損益分岐点ギリギリ、みたいな。そういう状態がここ2年ほど続いておりました。

そして「あるあるネタ」をテーマにしている以上、回を重ねるごとにどうしてもネタ被りが多発するようになりました(これは投稿してくださっていた皆さんのほうが頭を悩ませてくださっていたかもしれませんね)。それでも集まってくる投稿はさすがにどれも面白く、全5冊を通じて決してクオリティを落とすことはなかったと思っております。これは大喜利ーガーの皆さんの実力と才能と野球愛のおかげです。奇跡のようにすごいことだと思います。

しかし、第5弾までは続けられてもその先はわからない、さらに“テコ入れが必要”という状況は打破しなければなりません。

そんななか、担当の奥津さんや松野さんとも相談を重ねた結果、「『あるあるプロ野球』から『プロ野球川柳』にリニューアルする」という結論を出しました。

じつは「川柳」というアイデアそのものは講談社の上層部の方からずいぶん前に打診されておりました。「サラリーマン川柳」「シルバー川柳」など、世の中にはたくさんの川柳本が存在するも、野球ファンに向けた一冊というのが、これまでなかったからです。意外なことに。

また川柳という表現方法は普遍的で、老若男女問わず愛好者が多いジャンルです。「あるあるネタ」という言い方ではピンと来なかった方も「川柳ならば読んでみようか」「投稿してみようか」となってくださる可能性があります。そういった方々にも訴求できるようリニューアルしてはどうかという打診を、ずいぶん前からいただいていたんですね。


ただ僕自身「あるプロ」シリーズに大きな愛着があったため、それを実行することはありませんでした。しかし、全5冊を出させていただくなかで、ここまで述べたような葛藤もあり、いろいろと悩んだ末に「リニューアルするタイミングは今しかない」と考えた次第です。

川柳に関しては「アサ芸杯」や
普段の野球大喜利で過去何度も出題してきました。しかしそれで一冊の本を作るとなると、あらゆることは未知数。皆さんにとってもそうですが、選考やイラストを担当する僕にとっても新たな挑戦となります。

しかし、『みんなのプロ野球川柳』は『あるプロ』と趣向は違えど、「みんなの」の冠を残すことから分かるとおり、そのマインドは今までと変わりません。

「みんなで作る、みんなの書籍


プロ野球は間もなくオフシーズンに突入しますが、過去を思い返したり、未来に思いを馳せたりと、楽しみながら川柳を詠んでいただければとてもうれしいです。

また目一杯、皆さんの才能と野球愛を頼りにさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします!

 chirasi


《11月9日追記》
スペシャルゲストとしてお笑いコンビ「ラバーガール」のお二人が緊急参戦決定!
関西ではレアすぎる組み合わせの野球トークイベントになる予感です!!
pic_rubbergirl_mypage
※写真は人力舎さんの公式HPからお借りしました

―――――

大阪で初開催となるトークイベント「プロ野球たのポジウム」のお知らせです!

25年ぶりのリーグ優勝を果たしたカープファンの尾関くん、初のCS進出を決めたベイスターズファンのカネシゲタカシ。ほくほく顔の二人が新ネタ&過去ネタ引っさげてロフトプラスワンウエストにやって来ます。

なお、11月にほくほく顔かどうかは……未定!

※ ※ ※

カネシゲタカシとザ・ギース尾関の「プロ野球たのポジウム4」in大阪   

11月13日(日) 17:45 開演18:30
場所:ロフトプラスワンウエスト(大阪)
料金:前売2500円(当日3000円) 
出演:カネシゲタカシ(漫画家)、ザ・ギース尾関高文(カープ芸人) 
ゲスト:米澤稔さん(『ビックリマン』イラストレーター)  
追加ゲスト:ラバーガール(飛永翼・大水洋介)

前売券はイープラス、ロフトプラスワンウエスト電話予約にて10/4(火)発売開始!
購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002205254P0030001
※ご入場はイープラス→店頭電話予約→当日の順となります。
電話 06-6211-5592(16時~24時)


【イベント概要】
 『みんなのあるあるプロ野球』『ベイスたん』などで知られる漫画家・カネシゲタカシ。そして『アメトーーク!』等でもおなじみ、“北別府学に土下座したカープ芸人”という輝かしい異名を持つザ・ギース 尾関高文。

そんな2人がタッグを組んでお送りする最強に楽しい野球トークライブが遂に大阪で初開催。その名も「プロ野球たのポジウム」!
 
ゲストを交えたスペシャルトークをはじめ、時事ネタ、会場でしか聞けないマル秘ネタ、スライドショー、徹底討論などなど、緩急自在の2時間超。12球団のファンが一堂に会して楽しめる、関西ではありそうでなかったトークイベントです。

 今回はあの『ビックリマン』シリーズのイラストレーターとして知られる米澤稔さんがスペシャルゲスト。古くは『ロッテオリオンズ・シール』に始まり、現在も阪神タイガースや横浜DeNAベイスターズなどとコラボ企画を展開する米澤さんに、その制作の裏話や、愛するタイガースについてのお話(ぼやき?)など、ガッツリ伺いたいと思います。    

プロ野球の季節はまだまだ終わらない!
チケットはくれぐれもお早めに!!

※ ※ ※

大阪ならではのゲストも超豪華!
なんと「ビックリマン」のイラストレーターとして知られる米澤稔さんをお迎えします。

米澤さんは普段よりカネシゲが“師匠”と呼んで慕わせていただいているクリエイター界の大先輩。大変お忙しく、このようなトークイベントにご出演くださることは滅多にない(ていうか、ない)そうなのですが、今回は我々二人のために特別にオファーを受けてくださいました。これにはロフトプラスワンウエストのスタッフさんも大喜びです。

そんな“師匠”も「出るからには面白く」と、いまから気合を入れて資料の準備などに取り掛かってくださっています。ここでしか聞けない話、ここでしか見られないモノ……僕もいまから楽しみです。

とにかく野球ファンはもちろんのこと、『ビックリマン』ファンの方は必見!

なお当ライブはお好きな球団のユニフォームを着用のうえご参加いただくと、お客さん同士の交流も生まれてより楽しめますよ。皆様よろしくお願いいたします!

 

野球大喜利「アサ芸杯」の第10シーズンの全記録は以下の通りです。
〈第181回戦(2016年4月14日号)〜第200回戦(2016年9月8日号)までの期間で集計〉
順位 選手名 打点
1 G88man 59
2 cheap18910 54
3 ko_do_mo 43
4 gol70 41
5 marine_yamada 39
6 shophnet 33
7 ikasoumen2 30
8 masasi_kari 27
9 toriaezu_s56 25
10 realbandoh 24

☆「アサ芸杯」とは☆
ツイッター野球大喜利(@89_ogiri)の優秀投稿作品に、主催者の漫画家・カネシゲタカシが絵とコメントをつけて『週刊アサヒ芸能』に掲載させていただく雑誌連動型企画。20週を1シーズンとし、ポイント制でランキングを競います。上位3名には賞金を授与。皆さんのご参加お待ちしております!(投稿規約はこちら

【総評】
節目の第10シーズンが終了。優勝に輝いたのは第7シーズン以来の王座奪還となるG88man選手だった。広島が生んだ「アサ芸の秘宝」ことcheap18910選手の3連覇を激戦の末に見事阻止。優勝杯(あるのか?)を関東に奪還した。そして3位には関西が誇る終身名誉主砲・ko_do_mo選手がランクイン。さすがの試合巧者っぷりをみせつけた。

連載は200回を迎えることができた。そしてシリーズ第四弾となる新刊『野球大喜利 ザ・レジェンド』も発売され、その出版記念イベントも名古屋、大阪、東京と無事に終えることができた。

これもひとえに「大喜利ーガー」諸氏の投稿魂と、読者の皆様のご愛顧のおかげである。深く深く、西武・牧田のリリース位置よりも深く御礼を申し上げる。

なお大阪の出版記念イベントでは第10シーズン最終戦となる200回戦のネタ選考を、東京イベントでは第11シーズン初戦となる201回戦のネタ選考を、それぞれ会場の皆様とともに行った。「緊張のあまり吐きそうだった」という投稿者もいたが、おおむね好評をいただいた企画なので、これからも機会があればやってみようと思う。

また今シーズンをもって、cheap18910選手の“休養”がご本人の口から発表された。


遅れてきた強者が、風のように去っていく――
cheap18910選手には感謝の気持ちでいっぱいである。

これまでも幾多の大喜利ーガーたちが現れ、タイムラインに笑いを振りまき、いつの間にか去っていった。
「来る者は拒まず 去る者は追わず」とはいえ、寂しいことである。

ただ、いずれ帰ってきてくれるであろうcheap18910選手のために……いや、しばらく疎遠になっている全ての大喜利ーガーたちのために、監督たる自分がやるべきなのは「野球大喜利を居心地の良い場所にし続けること」、その一点だと思っている。

なんとなくずっとそこにあって、いつも誰かが集っている場所。毎日行ってもいいし、久しぶりに立ち寄ってもいい。多くの人に「なんだか楽しいな」「やっぱり面白いな」と思ってもらえる場所。

駄菓子屋みたいな、学校の休み時間みたいな、ひみつ基地みたいな、文化祭みたいな……とにかく野球大喜利は、そういう「いいにおいのする場所」であり続けたい。そのためには監督が誰よりも汗をかいて、頑張らなければならない。

だからcheap18910選手も、かつての大喜利ーガーたちも、いつだってまたふらりと立ち寄ってほしい。遠慮はいらないから暖まってゆきなよと、中途半端な森進一のものまねで申し上げたい。

ミスター野球大喜利(「ミスターSASUKE」的な意味で)こと やまだしょてん選手もこう言ってる。
もうこれ、運営側の立場だよな……。


ともかく第11シーズンの死闘はすでに始まっている。
倒すべき王者はここにいる。「打倒G88man」を目指し、老いも若きも突き進むのだ! やーっ!

―――――――――

ではこれより、第10シーズンのベストナインをいつものように選手名鑑風に紹介しよう。そして、その健闘を大いに讃えよう。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【1位】G88man選手(59打点)
独自の大喜利理論を駆使してボケしろを探り、精密機械のように安打を重ねて3シーズンぶりの王座奪還に成功したビッグ・オレンジ・マシン。今シーズンは1試合あたりの最多打点記録こそ「6」にとどまるも、全20戦のうち無安打がわずか3回という脅威の採用率を記録した。プロ野球の世界では広島カープが25年ぶりの優勝を成し遂げたが、野球大喜利の世界では巨党が鯉党との激戦を制して見事チャンピオンに。一矢報いる結果となった。これで優勝回数は2回。ko_do_mo選手のもつ「3回」の記録を射程圏内にとらえた。高い分析力で自らのフォーム矯正にも余念がない。今季は独走狙うか。


【2位】cheap18910選手(54打点)
人呼んで「アサ芸の至宝」。前人未到の3連覇がかかったシーズン、初戦から第5戦までの連続採用で計19打点をあげ、はやくも独走かと思われたが、中盤やや伸び悩む。後半は再びギアが入るも、ラスト2戦での無安打が響き惜しくも2位となった。突然の休養宣言には多くの大喜利ーガーが衝撃をうけ、たくさんの労いのメッセージと惜しむ声が届いた。記録にも記憶にも残るレジェンド。定番の「おやび~ん」ネタでの復帰を待つ(採用はされないと思う)。


【3位】ko_do_mo選手(43打点)
関西が誇る野球大喜利界の終身名誉主砲。激戦が繰り広げられたこのCS圏内のクリンナップポジションを死守することに成功した。ちなみに大阪の出版記念イベント終了後のプチ懇親会で、アサ芸杯の日の過ごし方を聞かれたko_do_mo選手。

「まずお昼休みにボケて、仕事中にもちょいちょい考えて、それから残業して…」
「いや、仕事中に考えるから残業なるんや!」

周囲の常連陣に一斉に突っ込まれたのは言うまでもない。俺がやらなきゃだれがやる。関西勢、いや全ての大喜利ーガーの精神的支柱として、目指すは4度目の優勝のみ。


【4位】gol70選手(41打点)
大阪イベントのナマ選考で「緊張のあまり吐きそう」と言っていた長身スラッガーだが、フタを開けてみるとそこで6打点を記録。民意の後押しを受けて第3シーズン以来となるアサ芸杯クリンナップ入りまであと一歩と迫った。今季は初戦で5打点をあげるも前半戦終了時点では計11打点と低調な出だし。ただ後半戦に入って怒涛の追い上げをみせ1試合8打点を含む30打点のゴル稼ぎ。少ない文言で切れ味よくバットを出すフォームの良さでライバルに差をつける。まだまだ伸びしろある。


【5位】marine_yamada選手(39打点)

今夏の都市対抗野球で日本一に輝いたのはトヨタ自動車・細山田選手だが、野球大喜利で輝くのはこの“海山田”選手だ。今季は大会歴代2位となる10試合連続安打をマーク。大きなスランプなくバランスよく安打を重ねるも、最高打点が「3」と、あのゾーンに入った無双の固め打ちがみられなかったのが惜しまれる所。創業者一族に名を連ねる勢いで野球大喜利を盛り上げてくれることに感謝は尽きないが、やっていることはイベントでゴリラのお面をかぶって「ウホー」って言うとか。


【6位】shophnet選手(33打点)
信頼と実績とたしかな技術。東大阪から世界にはばたく、野球大喜利界の「まいど1号」。昨シーズンは12位(13打点)とスタメン落ちするも、ベンチから眺めるチームメイトたちの躍動を発奮材料に大幅に記録を伸ばし、自己新記録の33打点でベストナインに返り咲いた。量より質を重視する高い職人気質は誰もが認めるところ。関西勢のさらなる地位向上は、この男の活躍なしにあり得ない。


【7位】ikasoumen2選手(30打点)
前半から中盤にかけて苦境が続くも、後半に6打点を計3度記録しこの位置につけたのは流石のひと言。まるでネクストバッターズサークルで一振りしただけで打球がスタンドに消えていくかのような錯覚をおぼえる変則打法(ぴよはる)。予測不能の秘密兵器(ぴよはる)。野球大喜利界の実写版・殿馬一人(ぴよはる)は、第5シーズン以来の優勝を目指して今日もぴよはる(昌)。


【8位】masasi_kari選手(27打点)
ついにこの男がベストナインに帰ってきた! 常に好ポジションにつけるも、並み居るライバルたちの後塵を拝してきた永遠の(仮)男。しかし、大喜利に対する真摯な努力に笑いの神が次々と降臨。みごと第4シーズン(7位・25打点)以来のベストナイン入りを果たした。後半伸び悩むも第197戦の5打点が決め手に。ブレイクの兆しあり。「まさし(仮)」が、“まさに・カリ”を返すとき。


【9位】toriaezu_s56選手(25打点)
鳥谷敬の連続フルイニング出場記録は途絶えても、我らがとりりんの連続ベストナイン入りは途絶えない。今季もコンスタントに打点を積み上げ、レギュラーの座を見事キープした。ホークスファンだからこそ知る「追われる恐怖」から、第11シーズンは「追う喜び」へ。こんなところで終わる素材ではない。目標は女性初の野球大喜利シーズン制覇だ。


【10位】realbandoh選手(24打点)
2季連続のベストナイン入りを果たした大喜利界きっての「うまいこと言い」。「うまい」というのは本当に難しく、「ただうまい」では笑えない。「笑うぐらいうまい」か、「うまいけどバカ」か。いずれにせよ突き抜けた要素が必要となる。11シーズンは10シーズン前半戦でみせた豪快なうまさを連発し、更なる上位を狙って欲しい。まだまだ老けこむ年ではない。




【シーズン記録(1位~30位まで)】
順位 選手名 打点
1 G88man 59
2 cheap18910 54
3 ko_do_mo 43
4 gol70 41
5 marine_yamada 39
6 shophnet 33
7 ikasoumen2 30
8 masasi_kari 27
9 toriaezu_s56 25
10 realbandoh 24
11 taraco 21
12 adoreman 19
13 ponnieblue 15
13 Cabin_W_Caster 15
15 sandiuyonban 13
16 negibatake_p 11
16 gull_bp 11
18 Gesotoku 10
18 aikawamaico_b 10
20 Enayaso_Ogiri 8
20 inkyooo 8
20 GoKuGoKuGoKu 8
20 machakickRX 8
24 TH_SSY 7
24 SAZZY_KTY 7
24 55hawks 7
24 kumatanton 7
28 p_tei_turbo 6
28 Metallaw666 6
28 kuzuha1986 6
28 n_kamaseinu 6
28 mannakamassugu 6
28 sei_hunter 6


【関連リンク】
・野球大喜利「アサ芸杯」第1シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第2シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第3シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第4シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第5シーズン結果&総評


・野球大喜利「アサ芸杯」第6シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第7シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第8シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」第9シーズン結果&総評

・野球大喜利「アサ芸杯」通算記録一覧

表紙カバー_帯有り


『週刊アサヒ芸能』連載中の「野球大喜利ベストナイン」の単行本がいよいよ発売となります!

『野球大喜利 ザ・ベスト』、『野球大喜利 ザ・ベスト2』、『野球大喜利 ザ・グレート』につづくシリーズ第4弾。今作より、サブタイトルの一番後ろに連番を打つことにしました。

タイトル:『野球大喜利 ザ・レジェンド~こんなプロ野球はイヤだ4~』(徳間書店)
著者:カネシゲタカシ・野球大喜利
発売日:2016年8月12日
定価:税込1,296円

Amazonでも予約受付中です

発売日はお盆期間にあたるため、書店に並ぶ日が店舗や地域によって普段以上に異なる見込みです。ご注意ください。


なお今回の『レジェンド』も、前回の『野球大喜利 ザ・グレート』と同じく全256ページの増量パッケージでお送りいたします。以下に本書収録の全41題をご紹介いたします(掲載順)。

1、こんな張本勲はイヤだ
2、舛添要一が監督を務めるプロ野球チームにありがちなこと
3、「ドキッ! プロ野球選手だらけの水泳大会」でありがちなこと
4、巨人・原監督のグータッチ。あれって拒否するとどうなるの?
5、高校球児たちはなぜ甲子園の土を持ち帰るのですか?
6、こんな楽天・三木谷浩史オーナーはイヤだ
7、こんな球団マスコットは嫌われる
8、京セラドームの屋根の周りのうねうね あれは何ですか?
9、石井一久の辞書で「古田敦也」と引くと何て書いてありますか?
10、西口文也が引退会見。「やり残したことは?」の質問に返ってきた意外な回答
11、福山雅治と吹石一恵が結婚! 義父の影響でパ・リーグ党になった福山は…
12、「トリプルスリーにはコツがあるんス」柳田悠岐と山田哲人が同時に語った達成の秘訣とは?
13、阪神・和田監督がラスト激怒! 選手からの寄せ書きにあった失礼すぎるひと言とは?
14、「12球団OKです」と言いつつ巨人行きたい感丸出しなドラフト候補選手の特徴
15、こんな12球団合同トライアウトはイヤだ
16、ソフトバンク関係者の間で「熱男すぎる熱男」と恐れられる人物の特徴
17、野球界の人物に「とにかく明るい安村」っぽいアダ名をつけてください
18、こんな契約更新はイヤだ
19、「小久保監督」と「大久保監督」の違いを教えてください
20、FA宣言したけどオファーがない! こんな時どうすればいい?
21、野球バカの小学生による間違ったお正月の過ごし方
22、いろんな野球の言葉に「全員ゴリラ」をつけて台なしにしてください
23、巨人・高橋由伸新監督にアダ名をつけてください
24、こんな魔球はイヤだ
25、熱烈なオリックスファンの犬の特徴
26、もしも豪雪の甲子園で開催される「冬の全国高校野球選手権大会」があったら
27、DeNAがハマスタをTOBで買収! ところで「TOB」って何の略?
28、こんな阪神・金本知憲新監督はイヤだ
29、野球バカすぎたおじいちゃんの遺言によるお葬式 そのあきれた内容とは?
30、長嶋一茂さんが「R‐1ぐらんぷり」決勝戦まで進んだ時のネタってどんなの?
31、祝! 田中将大に長男誕生 「僕の要素が結構入ってる」ってどんな赤ちゃん?
32、「私立野球バカ中学校」の卒業式はここがバカ
33、12球団の監督が開幕前に一句。「鳴かぬなら‥‥」
34、「食いしん坊高校野球部」が春のセンバツでやらかしたこと
35、こんなバッティングセンターはイヤだ
36、今年から本塁クロスプレーに関して追加された話題の新ルールとは?
37、元プロ野球選手の刑事はここが面倒くさい
38、マリーンズの応援に本気を出したロッテのお菓子はここがすごい
39、もしも明石家さんまがプロ野球選手だったら
40、新井貴浩、こんな2000本安打達成セレモニーはイヤだ
41、アンチ中日な中日スポーツ記者の特徴

※「週刊アサヒ芸能」2015年8月6日号~2016年6月30日号掲載分


以上になります。
冒頭の2題以外は、すべて時系列順に掲載されています。また全体のバランスをみた結果……

・「野球ファン専用のジュース自販機。『あったか~い』 『つめた~い』 あと1つは? 」
・「こんな谷佳知の引退試合はイヤだ」

上記2題は泣く泣く掲載見送りとなりました。ご了承ください。

※ ※ ※ ※ ※


本書は連載をまとめたものなので、全編描き下ろしとなる『あるあるプロ野球』シリーズに比べれば書籍化への労力は少ないのですが、それでも細かく絵や文言を修正したり、欄外の注釈を書いたりと、やることは盛りだくさん。今回も時間ギリギリまで使って制作しました。

ツイッター野球大喜利に集う大喜利ーガーの皆さんのおかげで世に出せる一冊。
本当に、本当に、ありがとうございます!!


このご恩に報いるためには、いただいた爆笑ネタの数々を僕の漫画やツッコミでより面白く輝くように全力で頑張ることが一番であると思っています。そして今回の単行本もレジェンド級の面白さに仕上がったと“監督”として自負しております。

~野球大喜利はグループじゃない。ひとつのチームだ!~

日本ハムグループのCMのような気持ちで、これからも皆様とともに歩んでいきたいと思います。
この7月で6周年を迎えたツイッター野球大喜利を、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

※ ※ ※

また、『野球大喜利 ザ・レジェンド』は名古屋と大阪と東京で出版記念トークイベントを開催させていただきます!

chirasi

イベントの詳細はこちらをごらんください
急遽決定した21日の名古屋イベントの情報もくわしくあります。

いずれのイベントもチケット発売中です。


「こういうイベントには行ったこと無い」
「野球ネタは好きだけど、野球大喜利には参加したことない」
「女性1人だし、行きづらい」

そういった方々も大歓迎です!
とくに気後れしがちな女性の方。野球大喜利関連のイベントは女性の参加者が多いことに定評がありますので、どうぞご安心を(実際に女性のほうが多かったこともありました)。

ぜひお気に入りのユニフォームを持って、野球と笑いを愛する人々で埋め尽くされた心地良い空間へお越しください。よろしくお願いします!

chirasi

  野球ファン必見の爆笑大喜利本『野球大喜利 ザ・レジェンド』の発売を記念して、漫画家カネシゲタカシがトークライブを行います。

※名古屋イベントの情報を追記しました(8月4日)


 8月12日発売の書籍『野球大喜利 ザ・レジェンド~こんなプロ野球はイヤだ4~』(カネシゲタカシ・野球大喜利著/徳間書店)は『週刊アサヒ芸能』の連載をまとめたシリーズ本の第四弾です。

新刊『野球大喜利 ザ・レジェンド』発売のお知らせ(カネシゲタカシBLOG)

 ツイッター野球大喜利(@89_ogiri)に寄せられた数千本の投稿から厳選したボケを、カネシゲの1コマ漫画ととともに掲載する人気企画の書籍化。今回もボリュームたっぷり256ページ。名実ともに“レジェンド”な1冊です!   
 イベントでは『野球大喜利 ザ・レジェンド』の制作秘話はもちろんのこと、毎回爆笑のウェーブが巻き起こる「ボツネタスライドショー○○連発」もドカンとお届け。ツイッター野球大喜利を知らなくても、この本を読んでなくても、ちょっと濃い目の野球ファンなら誰でも楽しめるイベントです。

  お好きな球団のユニフォーム着用推奨。食事とお酒を楽しみながら野球ネタ100%でお送りする夢の2時間超。初めての方大歓迎! 女性おひとり様での参加も多数おられます。どなたさまも気軽にお越しください。

 野球大喜利の夏はまだ終わらない!
君よ、渋谷で熱くなれ!!


 ☆会場では『野球大喜利 ザ・レジェンド』の即売も予定しておりますが、冊数に限りがあります。事前のご購入をおすすめします。

 ☆開場~開演前とイベント終演後に会場内でサイン会を行います。他所で購入した書籍をお持ち頂いても大丈夫です。 


【出演】
カネシゲ タカシ(漫画家)
 

漫画家・コラムニスト。1975年生まれ。大阪府出身。著書・共著に『みんなの あるあるプロ野球』『野球大喜利 ザ・ベスト』『ベイスたん』などがある。ツイッター野球大喜利(@89_ogiri)の主宰者。ウェブでは「カネシゲタカシの『ぷぷぷぷプロ野球』」(スポーツナビ)など連載中。


【大阪】
8月22日(月) 開場18時半/開演19時半
場所:ロフトプラスワンウエスト
前売1,700円/当日2,200円


☆前売り券は7月28日(木)10時よりイープラスまたは電話予約にて受付開始。
 ※ご入場はイープラス→店頭電話予約→当日の順となります。
 電話:06-6211-5592(16時~24時)

ロフトプラスワンウエストのイベント告知ページはこちら


【東京】
8月27日(土) 開場12時/開演13時
場所:ロフト9渋谷
前売1,500円/当日2,000円


☆前売り券は7月27日(水)12時よりイープラスで発売開始。

ロフト9のイベント告知ページはこちら

※ ※ ※

恒例の出版記念イベント!
とはいえ、濃い目の野球好きの方ならどなたでも楽しめます。

大阪は月曜夜、東京は土曜お昼の開催です(東京イベントはユーストリームによる生中継も予定)。
なるべく野球にかぶらないことを目指したため、ちょっと集客に苦戦しそうな日程なのですが、ひとりでも多くの方にご来場いただけたら嬉しいです。
あの笑いのウェーブは、ちょっと会場でないと味わえない興奮です。
よろしくお願いします!

※ ※ ※ ※ ※

以下は名古屋イベントの追加情報です。

【名古屋】

《サイン会&ミニトーク》

8月21日(日) 午前11時半ごろ~
場所:ヴィレッジヴァンガード名古屋中央店
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-23-10
電話番号: 052-259-0708

《トークイベント&交流会『野球大喜利 ザ・レジェンド』祭りin名古屋》
8月21日(日)開場18時半/開演19時
場所:未定(鶴舞駅徒歩すぐの場所を予定しています)

チケット予約はウェブサービス「TIGET」でのみ取り扱い。7日12時から受付開始です!
専用受付ページ⇒https://tiget.net/events/5830


最新情報はこちらの記事にまとめます⇒ http://kaneshige.blog.jp/archives/48171936.html





↑このページのトップヘ